記事サムネイル
匠の逸品

これを知らなきゃオトコじゃない。歴史に名を刻んだ名車たち 第4回:トヨタ ランドクルーザー

お気に入りに追加

更新日:2018年05月28日

    マイカーを持つならワイルドな車がいい。そう考えているメンズはきっと多いはずです。イカしたフォルムのスポーツカーも憧れますが、やっぱり男なら、4WDやSUVに惹かれるもの!

     

    その代表格といえば、通称“ランクル”ことトヨタのランドクルーザー。実は60年以上の歴史を持つこの車、そのルーツに迫ります。
     

    ランクルは「軍」の要請により生まれた!?
     

    C045_02.jpg
    引用元:トヨタ
    http://www.toyota.co.jp/jpn/auto/heritage/landcruiser/

     

    ランクル誕生のきっかけは、さかのぼること1950年。第二次世界大戦が終わって間もない時代、自衛隊の前身である警察予備隊と当時のアメリカ占領軍が「国産の小型四輪駆動車を作ってほしい」と車メーカー各社に求めたことでした。

     

    翌年、この要請に合わせてトヨタが開発したのが「トヨタジープBJ」。いかにも土ぼこりが舞ってきそうなオフロード仕様のフォルムが目を引きますが、その経緯をかんがみれば納得のワイルドさ。小型ながら4トントラック用のガソリンエンジンを積め込み、また、1トントラック用のシャシーを組み合わせられたパワフルな仕様です。結局、軍には採用されませんでしたが、この車が元になり1954年にランドクルーザーという名前で正式に販売されるようになりました。

     

     C045_03.jpg
    引用元:トヨタ
    http://www.toyota.co.jp/jpn/auto/heritage/landcruiser/

     

    当初はアフリカの草原を走り抜けていくかのようなゴツゴツした見た目だったランクルは、時代の変化とともに街中になじむスタイルへと変化を見せます。元から持っていた力強さ、タフはそのままに、家族がゆったり乗れる高級感やインテリア性が加わり、唯一無二のラグジュアリー感を堪能できる車へ進化していきました。そして1998年の100系からは同車にとって史上初のV8エンジンを搭載し、オフロードでもオンロードでも重量級のボディをものともしない快適な走行を獲得していったのです。


    ランクルの力強さは骨格にあり! 振動や騒音が伝わりづらい構造とは

    C045_04.png
     
    引用元:トヨタ
    https://toyota.jp/landcruiser/

     

    そうして長年人気を誇り、誰もが知る名車として人気を集めているランクル。国産車の中でも一際大きいフォルム、頑強なボディのイメージに加えて、ぬかるんだ道や泥道なども力強く走ることができるワイルドさは、今も昔も多くの人々を魅了しています。

    そんなランクルの力強さを生んでいるのが、「ラダーフレーム」と呼ばれる独特な車の構造。ランクルはタイヤやエンジンなどを底でつなげる骨格的なシャシーを用意し、その上にボディを載せる作り方をしています。これをラダーフレーム構造といいます。

     

     C045_05.png
    引用元:トヨタ
    https://toyota.jp/technology/chassis/ladderframe/

     

    最近の車はシャシーを作らず、ボディそのものに骨格を持たせる「モノコック構造」が主流ですが、ランクルは一貫してシャシーとボディを別にし、シャシーの上にボディを載せるラダーフレーム構造にしています。国内ではランクルのほかにメルセデスベンツ・Gクラスや、海外ではトヨタ・ハイラックスでも採用されている構造です。

     

    ラダーフレーム構造の場合、骨格が梯子状になるため曲げや捻じれといった力に対して強くなり、また、路面からの衝撃吸収となるサスペンションのセッティングもしやすくなるため、振動や騒音が直接ボディに伝わりづらくなります。これにより走行時に耐久性を発揮できるだけでなく、より快適な走り心地を実現できるのです。これこそがランクルの力強さの秘訣。車自体を長持ちさせることにもつながります。

     

    もちろん、ランクルのよさは強さだけではありません。あれだけ大きな車体でありながら運転中に重々しさを感じさせず、スムーズに発進できるのは、大排気量によるパワーユニットがあるから。さらに、大きなボディながら細かな道でも運転しやすいステアリングの操作性も多くの人々が乗りやすい理由です。ランクルがトヨタの現行ラインナップで最も歴史が長く、60年以上も愛され続けているのも、このようなトヨタが培ってきた開発力の賜物なのでしょう。


    まとめ

    ワイルドかつラグジュアリーな車として絶大的な人気を誇るランドクルーザー。その人気の背景には、トヨタが戦時中からつないできた技術があることが分かりました。60年以上の歴史を積み重ねてきたランドクルーザーがこれからどんな発展を見せていくのか、今後にも注目です
     

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

匠の逸品TOPへ

特集から探す

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!!

ログイン

無料会員登録

ものコレとは

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。

「Webで完結 スピード応募」とは?

UTエイムが独自に開発した、Web上でいますぐ行うことができる適性診断です。

■「Webで完結 スピード応募」を受けると?
  • ・24時間いますぐその場で受けられて
  • ・面談に行く前に合格可能性を確認できて
  • ・終了後にその場で面談予約も行える※
  • ※合格した方のみの機能です。

まだ「自分と合うかな?」と思っている方でも、ぜひお気軽に、まずは適性診断を受けてみてください!