記事サムネイル
巷のトレンド

空気中の汚れが見える!? まるでサッカーボール!? 羽根なし扇風機の進化がスゴイ

お気に入りに追加

更新日:2018年06月07日

    送風だけじゃない、花粉や有毒なガスを「見える化」する機能も!

    C051_01.jpg
     引用元:ダイソン
    https://www.dyson.co.jp/fans-and-heaters/purifiers/dyson-pure-cool/features.aspx

     

    大ヒット商品となった、羽根なし扇風機。その先駆けは、掃除機でも有名なメーカーDyson(ダイソン)が2009年に発売した「Air Multiplier(エアマルチプライアー)」でした。

     

    そもそも羽根がないのにどうやって風を出すのか、長年不思議に思っていた人も多いと思いますが、実は羽根はない訳ではなく、隠れています。風が出る輪の下、胴体部分の中で羽根が回転し、空気を上の輪へと送ります。そしてその輪にはわずかな隙間が空いており、そこから空気が放出され、風が生み出されるのです。

     

    この見事に計算された空気の流れは、動画で観てみると分かりやすいです。

     

       

    引用元:youtube

    https://youtu.be/gChp0Cy33eY

     

    放出される風はわずかですが、そこで生まれる気圧の差により、周りの空気が風に巻き込まれます。そしていつしか、大きな風に。あのデザインは、空気の性質を最大限に利用したものなのです。

     

    それだけでも革命的だったのに、このシリーズは進化が止まりません。2018年4月に発売された最新モデル「Dyson Pure Cool」では、空気をキレイにする機能を強化。空気を取り込む胴体部分にフィルターを入れ、花粉やバクテリア、有害ガスをカットできるなど、もはや扇風機なのか空気清浄機なのか分からなくなるほどの高性能ぶりです。

     

     C051_02.jpg

    引用元:ダイソン
    https://www.dyson.co.jp/fans-and-heaters/purifiers/dyson-pure-cool/technology.aspx

     

    中でもスゴいのは、そのフィルターです。なんと長さ9メートルもある繊維を200回以上折って、あの胴体に詰め込んでいるのだとか。「どんなに大きい紙でも8回しか折れない」といったトリビアを聞いたことがある人もいると思いますが、いくら繊維といっても200回も折れる技術に驚きです。

     

    さらに、運転中は空気中のカビや花粉などを検知して、本体の液晶パネルや連携したスマホアプリに空気の状況を表示する機能も。どのくらい空気が汚れているかを、汚れのジャンルごとに「見える化」してしまうのです。ただ涼むだけでなく清潔な風を感じられる、至れり尽くせりなスーパー家電です。

     

    扇風機の「理想」を追求したら、ボールになった!?


     C051_03.jpg

    引用元:パナソニック
    https://panasonic.jp/fan/q/products/bp25z.html

     

    ほかにも、急速に進化する羽根なし扇風機があります。その一つがパナソニックの「創風機Q」。2015年に最初のモデルが発売されたこの商品はサッカーボールのような見た目が特徴ですが、決してオシャレさを優先して作られた訳ではありません。風を効率よく生み出すため、「流体力学」という法則を研究し尽くして生まれたデザインなのです。風を送るベストな形を追求したら、こうなったということですね。

     C051_04.jpg
    引用元:パナソニック
    https://panasonic.jp/fan/q/products/bp25z.html

     

    まず吸気口から吸い込んだ空気は、中にあるターボファンなどで勢いを増し、噴出されます。その際、誘引気流という他の空気を呼び込む構造で、吹き出し口から1メートルほど離れただけで、風量が7倍ほどに上がるのだとか。一般的な送風機は気流が外に散らばってしまいがちですが、この構造により直線的でパワフルなジェット気流を実現できるのです。

     

     

    引用元:youtube

    https://youtu.be/7zvDuI7RJsk

     

    さらに、球体ですから360度どの方向に風を送るのも自由自在。加えて面白いのが、扇風機に付けられた「心地よいリズムで風を送る機能」です。なんと、長野県の高原で実際に吹く風を計測し、自然のように気持ちの良い風のリズムや強弱をデータで分析したようです。作り手たちの風への追求が生んだ、新感覚の扇風機といえるでしょう。

     

    まとめ


    数年前までは風を「送るだけ」だった扇風機。誰がここまで進化すると想像したでしょうか。一見ありふれたものも、工夫次第でまだまだ便利に変化させられるということ。羽根なし扇風機のように、あなたのアイデア次第で未来のヒット商品を生むことができるかもしれませんよ!

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

巷のトレンドTOPへ

特集から探す

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。

「Webで完結 スピード応募」とは?

UTエイムが独自に開発した、Web上でいますぐ行うことができる適性診断です。

■「Webで完結 スピード応募」を受けると?
  • ・24時間いますぐその場で受けられて
  • ・面談に行く前に合格可能性を確認できて
  • ・終了後にその場で面談予約も行える※
  • ※合格した方のみの機能です。

まだ「自分と合うかな?」と思っている方でも、ぜひお気軽に、まずは適性診断を受けてみてください!