記事サムネイル
あの製品の裏側

2本指の靴下が人気ってホント!? ハイテクな“足袋(タビ)”がウケている理由

お気に入りに追加

更新日:2017年04月27日
    いつも立ち仕事ばかりで足がむくむなー。スーパー銭湯やマッサージに行っても、なかなか疲れがとれないなー。……工場などで働く人にとっては、「あるある」な悩みですよね。

    そんな人は、まずは「足元」に注目! いつも履いている靴下を足袋(タビ)に履き変えるだけで足が楽になる…なんてことも!?  今、職人以外からも人気を集めている“ハイテク足袋”のヒミツをご紹介します。

    筋肉や骨をサポート! ハイテク足袋を履くと、足を楽になる!?

    c020_1.jpg
    引用元:ホシノ(http://www.hoshino-kikaku.co.jp/store/products/detail.php?product_id=43 )

    つま先が「親指」と「それ以外の指」の2つに分かれている足袋は、「大工さんが履くもの」というイメージが強いかもしれません。しかし最近では、その新鮮な履き心地が一般の人々の間でも受け、さまざまなハイテク足袋が生まれています。

    例えば、株式会社ホシノが開発した「タビ形状2本指ソックス」は、一般的な足袋とは異なり、スポーツ選手が履く靴下のような見た目が特徴的。ビシっと決まった黒の色合いがスタイリッシュです。

    この2本指ソックスは、足袋形状を活かした構造により、足指の動きの自由度が上がるだけでなく、スネの骨のガードや、ふくらはぎの筋肉にかかる圧力の調整など、足が楽になるさまざまなサポートが施されています。体の動きをよりスムーズにすることで、足の疲労軽減につなげるというわけです。

    気になるお値段は、ひざ下までのロング丈が3,200円(税別)。一般的な「3足で1,000円」の靴下と比べるとかなり値段は張るものの、これで足が疲れにくくなるのであれば、毎日の仕事のお供に選んでみるのもいいかもしれません!

    ぴったりフィットする形状が足の疲労を和らげる!


    ハイテク足袋には、ほかにもまだまだスグレモノがあります。

    例えば、四国にある88か所の霊場を巡る「遍路(へんろたび)」に最適な靴下、「歩きへんろたび」は、歩きやすさで人気を集めるハイテク足袋です。人気の理由一つは、「日本製」であること。きれいな足型に縫い合わせる技術力が、足にぴったりフィットする形状と、しっかりとしたクッション性を生み出し、長時間の歩行でも足の疲労を和らげることができるのだとか。

    この「歩きへんろたび」は、通常タイプが648円(税込)、厚地タイプが756円(税込)と、お手ごろな値段。“足袋デビュー”にぴったりな1足といえそうです。

    このような足袋形状の靴下を履くと、足の指を広げやすくなり、歩くときに指でしっかりと地面をつかむことができるようになります。さらに、足指を使って歩行することで、自然と筋肉が鍛えられ、外反母趾(足の親指が曲がり、骨が変形している状態)を防ぐことにつながるともいわれています。

    まとめ

    疲れた足をサポートしてくれるハイテク足袋。まだ試したことがない人は、一度チャレンジしてみてはいかがでしょう? いろいろ試して自分にぴったりな一足を見つけたら、意外と手放せなくなる類いのアイテムかもしれませんよ。
     

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

あの製品の裏側TOPへ

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

メールアドレス

パスワード

簡単登録!

会員になって
お役立ち情報をGETしよう!!

ログイン

無料会員登録

ものコレとは

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。