記事サムネイル
あの製品の裏側

カーリングのストーンは160万円? 20年に一度しか採掘できない!? 特別な石を使う理由

お気に入りに追加

更新日:2018年04月24日

    「今日カラオケ行かない?」「そだねー」「いいと思うー」……今年の冬季五輪以降、こんな“あるある”なやり取りをしたことがある人、きっといると思います。競技中のゆるっとした言葉遣いで人気を集めたカーリングですが、実際は「氷上のビリヤード」や「チェス」ともいわれる競技。そんなミリ単位を競うストイックな世界だからこそ、競技で使われる用具も“ストイックな値段”であることをご存じですか? なんと、カーリングのストーンは○万円もするんです!

     

    1試合分のストーンは約160万円! 高級な石が使われている理由
     
    C040_01.jpg

    重さ約20キログラムのストーンを円に向かって滑らせ、その数や位置によって競い合うカーリング。実はこのストーンには、ただの石ではなく、“超高級”な石が使われています。

     

    その石は、カーリング発祥の地・スコットランドにある無人島、アルサグレイグ島で採掘されたもの。20年に一度しか採掘できない石、ともいわれるほどで、実際にカーリングで使うストーンは1個あたり約10万円もする高級品! サッカーや野球といった身近なスポーツに置き換えて考えてみると、10万円のボールを投げたり蹴ったりしているのと同じ……ともいえるかもしれません。初心者は思わず扱い方に困ってしまいそうですよね。

     

    カーリングの試合では各チーム4選手が2投ずつ行うため、1試合には16個のストーンが使われます。つまり1試合分のストーンは約160万円。新車を買えてしまうほどの値段まで膨れ上がります。

     

    ……と、ここまできて、「氷の上で滑るなら、どこの石でもいいんじゃない?」と疑問に思った人もいるのではないでしょうか。しかし、アルサグレイグ島産の石が使われているのはちゃんとした理由があります。

     

    それは、「氷上での動きを正確に予測できる」から。アルサクレイグ島は今から約6000万年前、マグマが急速に冷えて生まれた火成岩から成る島です。このときマグマが急速に冷えたことで、島の岩石の結晶の間には非常に小さな結晶が互いに入り組むようになりました。これにより密度が大きく、吸水性が小さい、強靭で均一な岩石が生まれたのです。

     

    つまりアルサクレイグ島の石は、カーリングで使う上でダメージに強く、氷と接していても水を吸わないということ。カーリングではストーン同士が激しくぶつかり合いますし、ストーンの動きには氷上の溶けた水の膜も影響するともいわれています。そのためダメージに強く、水に左右されることのないストーンが求められます。カーリングはチームの狙い通りにストーンを滑らせ、ブラシでコントロールしていくことが何より重要。それを実現するために、氷の上でより正確に滑るアルサグレイグ島の石が使われているのです。

     


    カーリングのストーンとお墓の石は同じ!? 実は身近な石だった!

    C040_02.jpg

    このようにカーリングのストーンには高級な石が使われていますが、この石の種類=花崗岩(かこうがん)自体は、実は日本人にとってなじみ深いものです。なぜなら、日本では古くから「お墓」に使われている御影石(みかげいし)と同じものだから。よーく見てみると、同じ質感や色合いに気付くはずです。カーリングのストーンの耐用年数は100年を越えるといわれていますが、何代にも渡って受け継がれていくお墓と同じ石が使われていると考えると、その耐久性の強さも納得ですよね。

     

    そんなストーンですが、個人で用意するにはなかなかハードルが高いもの。それゆえに、カーリングが日本に輸入されてきた1980年前後の時点では正式なストーンが手に入らず、先人たちは金属製のビア樽やガスボンベを加工・溶接して「手作りストーン」を作り、競技を広めていきました。

     

    実はこの手作りストーンを作っていたのは、「そだねージャパン」ことLS北見が生まれ育った街にカーリングを広めた人物、常呂カーリング協会初代会長の小栗祐治氏。溶接までして用具を作ってしまうだなんて驚きますが、そのような日本のカーリング黎明期を経て、実際にLS北見のメンバーの指導もしてきた小栗氏の努力があったからこそ、日本は五輪でメダルを取るほどの強さを付けることができたのでしょう。

     


    まとめ

    ほかにも当時はドラム缶をくり抜き、セメントを流し込んで作る手作りストーンもあったようです。「自分たちでストーンを作ろう!」という情熱を持った人たちがいなければ、今年の冬季五輪の名場面「そだねー」も生まれなかったのは間違いありません。

     

    このようにスポーツはものづくりの視点でも楽しめます。あなたが好きなスポーツに使われている用具にも、意外なものづくり秘話が隠されているかもしれませんよ!
     

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

あの製品の裏側TOPへ

特集から探す

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!!

ログイン

無料会員登録

ものコレとは

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。

「Webで完結 スピード応募」とは?

UTエイムが独自に開発した、Web上でいますぐ行うことができる適性診断です。

■「Webで完結 スピード応募」を受けると?
  • ・24時間いますぐその場で受けられて
  • ・面談に行く前に合格可能性を確認できて
  • ・終了後にその場で面談予約も行える※
  • ※合格した方のみの機能です。

まだ「自分と合うかな?」と思っている方でも、ぜひお気軽に、まずは適性診断を受けてみてください!