記事サムネイル
職場の時事ネタ

出勤は自由!? 社員わずか7人で残業ゼロ×年収600万円!? 工場の「働き方改革」って?

お気に入りに追加

更新日:2018年06月05日

    最近テレビでよく見かける「働き方改革」という言葉。「でも、俺らには関係ないでしょ?」……そんな風に思っている人もいるかもしれません。確かに、「在宅勤務」や「朝方勤務」といった改革も多いため、「それよりも休みと給料を増やしてほしい!」というのが本音ではないでしょうか。

     

    しかし、そんな希望をかなえる「無断欠勤OK」「残業ゼロで年収600万円」という、驚きの働き方改革を実施している企業があるんです。しかもその改革は、現場の社員の声から始まったのだとか!

    いつ来ても、いつ帰ってもいい!? 驚きの社内ルールとは?

     

    048_01.jpg

     


    無断欠勤OK……この従業員にとって夢のような社内ルールを実現しているのが、大阪のエビ加工・販売会社、パプアニューギニア海産。社員3名ほど・女性パート従業員15名ほどで構成されるこちらの企業では、パート従業員が事前連絡なしで欠勤・出勤できる「フリースケジュール」制を採用しています。

     

    しかも、何時に出社するか、何時に退社するかさえその人次第。ママさん世代が多いという職場では、「子どもが体調を崩したから」「親の介護があるから」と、この制度を利用して柔軟に出退社しているパート従業員が大勢いるのだとか。子どもの急な発熱で保育園に預けられなくなり、出社したくても出社できない……といった「子育てあるある」も解決しそうですね。

     

    でも、どうしてこんなことが可能なのかというと、同社の出荷スケジュールは比較的余裕を持てるように組まれており、日々の作業量を調整しやすいから。とはいえ、「パート従業員が全員来なかったらどうするの?」……と疑問に思うかもしれません。実際、誰も出勤しなかった日もあり、正社員がフル稼働してカバーしたこともあったといいます。

     

    けれども、パート従業員が“全滅”したのは数年間でその1日だけ。自由に休める分、「会社が困っているときは出勤しよう」というやる気が沸き、しかも、これほど融通の利く職場はほかにそうそうないので辞める人がほとんどいないのだとか。結果、従業員の採用に関わる人件費400万円以上の削減にもつながり、会社と従業員、どちらにとってもWIN‐WINな関係を築けているといいます。

     

    残業ゼロで年収600万円を実現! しかも、たった7人の町工場で!?

    048_02.jpg

     

    もう一つ、小規模な職場ながら「残業ゼロで年収600万円」を実現している工場があります。こちらは神奈川県にある吉原精工という従業員数7人の町工場。1980年に創業した同社では、もともと残業時間は1か月に80〜90時間ほどあり、いわゆる「ブラック企業」に近しい労働環境だったといいます。しかし、バブル期に若手の人材を採用するために、当時としては珍しい「ノー残業デー」を導入したのを皮切りに、少しずつ残業削減に着手。2009年のリーマンショック時には経営危機を迎えたこともありましたが、「金がないなら時間をくれ」という社員の声を受け、残業ゼロに踏み切ったといいます。

     

    もちろん、残業を減らすからには、作業効率を上げなくてはなりません。ということで、同社では会長自らが現場に立って、社員へムダな動きをなくすための指導を実施。おかけで今では社員の「指示待ち」が減り、それぞれが的確に判断を下し作業を進められるようになり、業務スピードは飛躍的にアップ。ミスも少なくなったといいます。

     

    まとめ

    どちらの働き方改革も、経営者に気付きを与えたのは紛れもなく社員です。特に製造業は現場の声が届きやすく、ゆえに社員の視点から働き方改革のチャンスが多くある環境だといえるでしょう。そう、今の職場や次の職場で、働き方改革のきっかけを作るのはあなたかもしれませんよ!
     

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

職場の時事ネタTOPへ

特集から探す

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!!

ログイン

無料会員登録

ものコレとは

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。

「Webで完結 スピード応募」とは?

UTエイムが独自に開発した、Web上でいますぐ行うことができる適性診断です。

■「Webで完結 スピード応募」を受けると?
  • ・24時間いますぐその場で受けられて
  • ・面談に行く前に合格可能性を確認できて
  • ・終了後にその場で面談予約も行える※
  • ※合格した方のみの機能です。

まだ「自分と合うかな?」と思っている方でも、ぜひお気軽に、まずは適性診断を受けてみてください!