記事サムネイル
工場・製造業のお役立ちコンテンツ

工場の仕事はきつい・辛い?それとも楽なの?工場勤務の仕事を見極めよう

お気に入りに追加

更新日:2019年03月15日

    世の中にはいろんな仕事があります。

    工場作業もそのひとつで、すでに働いている方やこれから転職を検討しているという方も多いでしょう。

    とはいえ、工場での仕事がどんなものなのかわからないという方も多いでしょう。

    向き不向きもありますし、あまりにきついと長く続けることはできません。

    今回はいろんな業種別に、きついこと、楽なことや、向き不向き、そして自分にあった工場を見つけるコツなどについてもご紹介していきます。

    これから工場への転職を検討している方の参考になれば幸いです。

    Interviewbanner.png

    業種別のきついとき・楽なとき

    工場といっても、業種によって仕事の内容はまったく異なっています。

    きつさ、楽さにも違いがありますので、さまざまな業種をピックアップし詳しくご紹介していきましょう。

    自動車

    日本を支える産業のひとつとなっている自動車。

    工場といえば、多くの方が真っ先に自動車関連を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

    自動車関連の工場といっても、大きくわけて車体メーカーと、部品メーカーの2種類があります。

    きつい面として共通しているのが「人との会話が少ない」「同じ場所からほとんど動かない立ち仕事」という点。

    前者に関しては人によっては楽な点だと思われるかもしれませんが、あまりに会話がないことがストレスになってしまうケースも少なくありません。

    逆に楽な面としては「室内で作業できる」「季節による収入の変動があまりない」という点が挙げられます。

    近年の工場は空調もしっかりしていますので、比較的快適な環境の中での仕事となります。

    また、年間を通して仕事量・収入が大きく変動することがないという点は魅力的です。

    部品メーカーに限定すると、生産ノルマが課されているケースが多く、達成できなければ残業しなければならないこともきつい点として挙げられます。

    工場によっては生産ノルマがとても厳しく、毎日のように残業が続くことも。

    もちろん、残業が多ければその分収入も増えますが、体力的にはかなりきついと感じられるかもしれません。

    紙・ダンボール

    紙・ダンボールも私たちの生活には欠かすことができないもの。

    製紙工場やダンボール工場は日本全国にあり、多くの求人が出されています。

    紙・ダンボール関連の工場のきつい点としてあげられるのが「独特な臭い」です。

    慣れてしまえば気にならなくなりますが、最初はこれが原因で気分が悪くなってしまうという方も少なくありません。

    また、紙に触れ続けると、手から油分が失われてカサカサになってしまいます。

    体質にもよりますが、痛みを伴うほどに手が荒れてしまうという方もいるようです。

    体力的な面については、まとめた紙はかなり重いため運ぶのはかなりの重労働となります。配属される部署や過程によってはかなりの体力勝負です。

    楽な面は、単純作業が多いという点。それほど難しい作業が求められるわけではありませんので、すぐに慣れることができるでしょう。

    単純作業の繰り返しが得意な方には向いている職場といえます。

    食品

    食品関係の工場にも、さまざまなところがあります。

    しかし、共通しているのは「衛生管理が厳しい」という点です。

    食品を取り扱うので当然といえば当然ですが、爪の長さなど、細かなところまで検査されますので、人によってはかなりのストレスを感じるかもしれません。

    また、工場によってはかなり朝が早いこともあります。

    場合によっては早朝というよりほとんど深夜から稼働するというケースも。

    生鮮食料品などの場合、時間が早いだけでなく、作業のスピードが求められたり、食品に適した温度の中での仕事となるため、過酷な暑さや寒さとの戦いになるケースもあります。

    楽な面というより、メリットとしては車内で格安の食品を購入できるケースがあります。

    また、工場が清潔で綺麗という点もメリットでしょう。

    プラスチック製品

    プラスチック製品も私たちの生活に欠かすことができないものですが、比較的きつい職場というイメージが持たれています。

    もっともきつい点としてあげられるのが、ほとんどの部署・工程の現場がとても暑く、臭いがきついというところでしょう。

    臭いだけでなく、人体に有害なケースもありますので、体力的にきつく感じられるケースも多いようです。

    ただ、これらの点については慣れによって解決できないわけではありません。

    ただ、身体が慣れてくるまではかなりきついでしょう。

    楽な面は、作業そのものはそれほど難しくはありませんので、手順を覚えればそれほど難しくはありません。またそれほど力仕事が多いわけでもありません。

    電化製品

    電化製品の工場も日本全国にあり、比較的身近な工場といえるでしょう。一見、それほどきつくはなさそうなイメージがもたれがちです。

    きつい面として挙げられるのは、作業のほとんどが立ち仕事という点です。

    長時間にわたって立ちっぱなしになりますので、慣れていない方は体力的にきつく感じられるでしょう。また、大きな製品の場合、持ち運びなどでかなりの重労働が伴うケースもあります。

    楽な面は、ライン作業がほとんどなので、未経験の方でもすぐに慣れることができるという点です。

    ただ、ライン作業は決まったペースで確実に仕事をこなしていく必要がありますので、人によっては強いプレッシャーを感じてしまったり、ついていけなくなることもあります。

    セラミック

    今日ではさまざまなシーンで使われているセラミック。

    こちらも、各地に大規模な工場があり、求人を目にする機会も多いでしょう。

    セラミック関連の工場のきつい面としては、とても繊細な作業が求められることが多いので、高い集中力が必要となる点です。

    集中力を持続させる必要もありますので、慣れるまでは心身ともにかなりきつく感じられるかもしれません。

    同時にスタッフ間での連携も求められますので、チームワークや最低限のコミュニケーション能力も必要です。

    楽な点としては、ほとんどの作業が機械の補佐的なものとなるという点です。

    体力的にはそれほど重労働というわけではありません。

    ガラス

    ガラスも私たちの生活に欠かせない身近な工業製品のひとつです。

    製造や加工などさまざまな工場がありますが、きつい面として共通しているのが、ガラスがとても重く、重労働になりがちな点です。

    重労働でありながら、取り扱う製品が割れやすいガラスであり、慎重で丁寧な作業が求められますので精神的な負担も決して小さくはありません。

    ガラスの製造工場の場合、工場内がとても暑いので夏場はかなり体力が求められます。

    逆に楽な面は、人間関係がそれほど煩わしくない現場が多い傾向にあるという点です。

    また、給料についても比較的いいケースが多いようです。

    ゴム製品

    ゴム製品の工場において特につらい面としてあげられるのが、プラスチック製品と同様に臭いのきつさです。

    独特のゴム臭は強烈で、作業中はもちろんのこと手や衣服にもついてしまい帰宅してからも悩まされるケースが多いようです。

    人によりますが、この独特の臭いになかなか慣れることができずに苦しみ続けている方も少なくありません。

    楽な面は、雇用がかなり多いという点や、大企業が多いこともあってキャリアアップのチャンスもあります。

    工場勤務から将来的にはさらなるキャリアアップを考えているのであればおすすめの職場といえるでしょう。

    職種別のきついとき・楽なとき

    同じ業種の工場であっても、職種や部署、作業過程によって仕事内容やきつさは変わります。

    そこで、ここからは職種別できつい点や楽な点などをご紹介します。

    就職や転職の際の希望職種を決める際の参考にしてみてください。

    組み立て

    自動車などの完成過程にあたるのが組み立てです。

    製造する製品によっても異なりますが、基本的に流れ作業となりますので自分のペースで仕事をすることができません。

    トイレや休憩などにも行きにくく、仕事のペースに慣れるまではかなりきつく感じられるかもしれません。

    逆に楽な点としては、作業によってはずっと座っていられるケースもあります。

    立ち仕事が苦手な方や、体力に自信がない方には嬉しいポイントでしょう。

    検査

    さまざまな職種の中でも、特に高い集中力を求められるのが検査です。

    製品の品質などを最終的にチェックする仕事にあたりますので、責任も重大で強いプレッシャーを感じてしまう方も多いようです。

    長時間にわたって不良品を探す作業ですので、眼への負担も大きくなります。

    楽な面として挙げられるのはそれほど肉体を酷使することはないという点。

    そして一人で黙々と作業することができますので、対人関係のことなどを考える必要もありません。

    製造

    一般製造工程にもさまざまな過程・仕事がありますが、一般的には立ち仕事が多いことからある程度の体力が求められます。

    また、工場によって製造ノルマが課せられており、時間内にクリアできなければ残業しなければなりません。

    ただ、黙々と一人で作業することができるという点は楽な面でしょう。

    マシンオペレーター

    あらゆる工場での作業は機械化が進められています。

    こういった機械を操作するのがマシンオペレーターです。きつい面は機械の操作を覚えるのが難しいという点です。

    慣れるまでにかなり苦労することになってしまう方も少なくないようです。また、慎重さや我慢強さを求められる仕事でもあります。

    一方、楽な面としては機械操作を一通り覚えてしまえば、あとは単純作業の繰り返しです。

    それほど肉体的な負荷もありませんので楽に感じられるでしょう。

    工場の三交代勤務できつい・楽なところ

    近年の工場は24時間稼働しているケースがほとんどです。

    特に自動車関係の工場はほとんどが24時間稼働しています。

    そのため、2交代または3交代制の勤務が主流となっています。そこで、ここでは工場の交代勤務できつい点と楽な点についてご紹介していきましょう。

    <交代制のきついところ>

    ●体力を使う
    勤務時間はある程度長くなりますし、工場での仕事は立ち仕事や力仕事も多いので体力を使います。慣れるまでは心身ともにかなり疲労感を感じてしまうことが多いようです。

    ●生活リズムが乱れる
    交代制の場合、定期的に昼勤と夜勤が入れ替わりますので、生活リズムが乱れてしまいます。慣れるまでは睡眠不足などでかなりきつく感じられます。

    ●日勤・夜勤切替時の眠気
    生活リズムに慣れてきたころに日勤と夜勤の切り替えがありますので、最初の数日はかなりの眠気に襲われてしまうこともあります。

    <交代制の楽なところ>

    ●平日の昼間に休める
    平日の昼間に休めることも多いので、比較的空いている時間に買い物などをすることができます。ただ、他の仕事をしている方とのすれ違いが多くなってしまうというデメリットもあります。

    ●収入が良い
    交代制の仕事は体力的にも精神的にもきつい分だけ、昼勤のみの仕事よりも給料は高めに設定されています。できるだけ稼ぎたいという方にはおすすめです。

    工場のお仕事にはメリットもたくさんある!

    ●サービス残業が少ない
    工場での仕事は労働時間がしっかりと管理されていますので、デスクワークや営業職などと比較するとサービス残業が少なく、きっちりと残業代を受け取ることができます。

    ●有給取得率が高め
    工場の仕事はシフト制となっていることもあり、前もって申請を出しておけば、簡単に有給が取得できます。そのため、有給取得率が高めとなっている職場が多い傾向にあります。

    ●給料が高い
    年齢にもよりますが、工場での仕事は平均年収よりも給料が高いケースも多いです。特に若い方でより高い収入を求めている方におすすめです。

    ●体力がつく
    立ち仕事が多く、身体を動かす機械も多いことから、体力がつきます。運動不足になってしまう心配もあまりありません。

    ●資格が取得できる
    職種によっては、仕事をしながら資格が取得できるケースもあります。当然、資格を取得すればキャリアアップにも繋がります。

    工場勤務に向いている人

    ●体力があり健康
    工場での勤務には特に筋力が必要なわけではありませんが、立ち仕事などが多いことから、ある程度の体力があり、健康な方は工場勤務に向いていると言えます。

    ●集中力がある
    長時間にわたって作業を続ける必要がありますので、体力だけでなく集中力も求められます。なので、集中力に自信がある方も工場勤務に向いています。

    ●メカニックなものが好き
    機械を扱った作業が多かったり、機械そのものを製造する工場も多いことから、メカニックなものが好きな方であれば、楽しく仕事をすることができるでしょう。

    ●ものづくりが好き
    工場の仕事は基本的にものづくりです。そのため、ものづくりが好きな方は工場の仕事に向いています。

    自分にあった工場の仕事を見つけるコツ

    ここまでご紹介してきました通り、同じ工場の仕事でもさまざまな業種や職種があります。

    そこで、自分にあった工場の仕事を選ぶことが重要です。そこで、ここでは例としてどんな人がどんな作業に向いているのかをご紹介していきましょう。

    ●一人で作業したい人
    黙々と一人で作業をするのが好きな方は、部品組み立てや製造などが向いています。

    ●チームプレーが好きな人
    コミュニケーションをとりながら他のスタッフと一緒に仕事をするのが好きな方は食品関係や流れ作業などが向いているでしょう。

    ●同じ作業を続けたい人
    淡々と同じ作業を続けたいという方や、集中力に自信がある方は検品や検査などの仕事がおすすめです。

    ●体を動かしたい人
    できるだけ身体を動かしたいという方や、体力に自信があるという方に向いているのは運搬やフォークリフト作業がおすすめです。特にフォークリフトの場合、資格の取得が可能なケースもあります。

    ●暑がりな人…精密機器・非加熱食品製造
    厚さや寒さに弱いという方におすすめなのが精密機器や非加熱食品製造など。空調がしっかりとした室内での作業が中心となります。

    まとめ

    MNC0902-05_02.jpg

    工場といっても、さまざまな違いがあります。

    当然、仕事の内容なども大きく異なっていますので、楽な面、きつい面があるのです。

    自分の性格や性質などを考えた上で、自分に適した仕事を選ぶことで、より快適に、長く仕事を続けることができるでしょう。

     

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

工場・製造業のお役立ちコンテンツTOPへ

特集から探す

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。

「Webで完結 スピード応募」とは?

UTエイムが独自に開発した、Web上でいますぐ行うことができる適性診断です。

■「Webで完結 スピード応募」を受けると?
  • ・24時間いますぐその場で受けられて
  • ・面談に行く前に合格可能性を確認できて
  • ・終了後にその場で面談予約も行える※
  • ※合格した方のみの機能です。

まだ「自分と合うかな?」と思っている方でも、ぜひお気軽に、まずは適性診断を受けてみてください!