記事サムネイル
工場・製造業のお役立ちコンテンツ

工場勤務がつまらないって本当?それとも楽しい?仕事の実態とは

お気に入りに追加

更新日:2019年03月15日

    こんにちは、ものコレ編集部です!

    さて、工場の仕事というと、あなたはどんな仕事を思い浮かべるでしょうか。一般的には退屈でつまらないものをイメージする方が多いのではないでしょうか?
    実際に、つまらないと感じられて仕事をやめたくなってしまったという評判も聞かれます。

    それがネックになって工場への就職や転職で悩んでいるという方も多いようです。

    では、実際のところ、工場の仕事はどういったものなのでしょうか。

    ここでは、工場での仕事をつまらないと感じてしまう理由や、メリットやデメリットなどについてご紹介します。

    Interviewbanner.png

    工場勤務がつまらないと感じる理由ってなに?

    なぜ工場勤務がつまらないと言われるのでしょうか?もちろん、その理由は人によってさまざまです。ここでは代表的な例を3つほどご紹介します。

    毎日が単純作業の繰り返し

    工場での仕事がつまらなく感じられてしまう最大の理由は、単純作業の繰り返しであることです。

    仕事の内容は会社や工場によって異なっていますが、例えば自動車部品の製造工場であれば、毎日同じ部品を組み合わせて、同じようなものを作り続ける作業が続きます。

    最初から最後まで自分で製造を完結させることができるのであれば、ある程度の達成感を得ることもできるかもしれません。

    しかし、工程によっては自分が一体何を作っているのかも理解できない状態で単純作業を繰り返すことになります。

    そのため、達成感を得ることもできず、自分の仕事が無意味なものであるように思えてしまうケースもあるのです。

    このように仕事を続けていく中で、仕事だけでなく毎日の生活まで退屈なものに感じられてしまい、それが結果として大きなストレスになってしまうという方もいるようです。

    他の仕事に使えるスキルが身につかない

    上記の通り、工場での仕事は単純作業の繰り返しがほとんどです。
    長く続けているとその作業については上達するでしょう。

    しかし、残念ながら他の仕事においては役立たないケースがほとんどです。
    つまり、転職やキャリアアップに繋がるスキルを身につけることができないと言えます。

    そんなことない!byU

    ・・・?!
    い、いま突然何かが差し込まれたような気がしますが、続けていきましょう・・・。

    ですから、結果として自分の将来に不安を感じ、仕事へのやりがいを失ってしまうという方も少なくありません。
    業種や職種などによっては、転職などにも役立つ資格などを取得できることもあります。

    また、会社によっては工場での仕事を続けることによってキャリアアップが可能な場合もあります。
    仕事へのやりがいや、キャリアアップのことを考えるのであればこれらの点も頭に入れて会社や仕事を選ぶといいでしょう。

    人と会話する機会が少ない

    これは人によってはメリットと考えることもできますが、工場では基本的に持ち場が決められ、同僚などとのコミュニケーションがあまり発生しません。つまり、他人と会話する機会がかなり少なくなるのです。

    対人関係などを気にすることなく、黙々と仕事をこなしていきたいという方にとっては、これが工場勤務のメリットとなるケースもあります。

    しかし、あまりにも人と話せないことがストレスになったり、とても退屈に感じられてしまうというケースも少なくありません。

    そうとも限らないよ!byUT

    んっ?!ま、また謎の差し込みが・・・

    工場勤務が楽で楽しいと感じる瞬間ってあるの?

    工場勤務での仕事がつまらないと感じられる理由の代表的なものが上記の通りです。しかし、誰もが工場勤務に不満ばかりを抱いているわけではありませんし、楽しいと感じられる瞬間だってあります。
    そこで、続いては具体的に工場勤務が楽しいと感じられる瞬間についてご紹介します。

    <工場勤務が楽しいと感じる瞬間>

    ●単純作業のため仕事を覚えやすい、効率化しやすい
    工場での仕事は単純作業であることから、仕事はとても覚えやすく、工夫することによって効率化することができます。

    よりスムーズでスピーディに仕事をこなすことができるようになると、達成感を感じることができますので仕事が楽しいと思えるものです。

    ●対人関係のストレスが少ない
    接客業や営業職の場合、対人関係が大きなストレスとなってしまうケースも少なくありません。

    対人関係によって大きなストレスを抱えている方が、工場へと転職したことでストレスが軽減され、毎日の生活が楽しく充実したものになったということも多いようです。

    高卒で工場勤務に就くメリット・デメリット

    高卒で工場勤務に就くことを検討している方も多いでしょう。高卒から工場で働くことにもメリット・デメリットがそれぞれあります。

    <高卒で工場勤務に就くメリット>

    ●学歴がなく未経験でも働ける
    工場勤務の場合、基本的にあまり学歴は重視されません。
    また、今日の工場では研修などのシステムもしっかりしていますので、未経験の方でもすぐに働くことができます。

    ●高収入を得やすい
    一般的に高卒と大卒では収入に差が出ることもあります。
    しかし、工場勤務の場合、比較的若い方でも高い収入を得やすいという点も大きなメリットです。

    ●勤務地の選択肢が多い
    工場は選ばなければ日本全国にあります。そのため、高卒でも好きな地域で働くことができます。
    寮が完備されているところも多いため、すぐに実家を出て就職することも可能です。

    <高卒で工場勤務に就くデメリット>

    ●他の職種に転職する際にスキルをアピールしにくい
    将来的な転職を考えている場合、あまり有利なスキルなどを得られない可能性が高いという点はデメリット。
    ただ、工場や職場によっては資格を取得できるケースもあります。

    ●長く続かないケースも多い
    工場での仕事は長時間の立ち仕事が多く、夜勤なども多いので慣れるまではつらく感じられるものです。
    そのため、はじめての仕事が工場の場合、長く続かないという方も多いようです。

    派遣社員として工場勤務に就くメリット・デメリット

    工場勤務にもさまざまな契約形態があります。中でも近年増えているのが派遣社員という形です。
    そこで、メリットとデメリットの両方をご紹介しましょう。

    <派遣社員で工場勤務に就くメリット>

    ●職場でトラブルがあった際は派遣会社の担当者が対応する
    派遣社員の場合、あくまで本人が契約しているのは派遣会社です。そのため、職場でトラブルなどがあった場合、派遣会社の担当者が対応してくれます。

    ウチには専門の知識を備えた"キャリアパートナー"ってのがいるよ!byUT採用

    あっ!また出てきました!!!!

    ●気軽に職場を変えることができる
    派遣契約の期間は短いため、自分に合わないと思ったら更新せずに、他の職場へと移動することも可能です。

    ●気軽に働くことができる
    正社員の場合とは違い、気軽に入って、すぐに働くことができるという点もメリットでしょう。

    <派遣社員で工場勤務に就くデメリット>

    ●福利厚生が社会保険だけの場合もある
    派遣社員の場合、福利厚生はあまり期待できません。会社によっては社会保険のみしかないというケースもありますので注意が必要です。

    ●同じ職場で長く働くことができない可能性も
    たとえその職場が気に入ったとしても、契約期間が短いため、更新してもらえず、長期的に働くことができない場合もあります。

    正社員として工場勤務に就くメリット・デメリット

    もちろん、正社員として工場勤務するという形も一般的です。

    そこで、正社員として働くことのメリット・デメリットについてもチェックしていきましょう。

    <正社員で工場勤務に就くメリット>

    ●他の職種の新卒よりも収入が高い場合もある
    他の職種で就職した場合よりも収入が多いケースがあります。就職してすぐに高収入を得たいという方にはおすすめです。

    ●一度慣れてしまえば楽に感じられる
    工場の仕事は単純作業が多いこともあり、一度慣れてしまえば楽に感じられ、長く続けられるケースも多いです。

    ●福利厚生が充実している
    正社員の場合、寮をはじめとした福利厚生が充実している会社が多いという点もメリットです。

    当社にも居酒屋、カラオケ、映画などなどが割引になる大型福利厚生サービスがあるよ!byUT採用担当

    そうですか。ありがとうございます。(もうスルーする)

    <正社員で工場勤務に就くデメリット>

    ●多忙な時期には休日出勤がある場合もある
    工場によっては、時期による仕事量の波があり、多忙な時期は残業や休日出勤が多い場合もあります。

    ●合わない人にはやりがいが感じられない
    単純作業が中心となりますので、合わない人にはやりがいが感じられず、仕事がとても退屈に感じられるケースもあります。

    合わないと感じても正社員の場合、短期間でやめてしまうと職歴に傷がつき、転職にも不利になってしまいます。

    工場勤務が楽しいと思える人・向いている人の特徴

    これまでご紹介してきたポイントを踏まえて、工場での勤務が楽しいと思える方や、向いている方の特徴をチェックしていきましょう。

    <工場勤務が楽しいと思える人・向いている人の特徴>

    ●体力に自信がある
    立ち仕事なども多いので体力に自信がある方には向いているでしょう。

    ●集中力がある
    同じ作業を続けることが多いので、集中力がある方には向いています。

    ●人と接するのが苦手
    人とのコミュニケーションが苦手という方にとって、工場はとても働きやすい職場と言えます。

    大きな工場の場合はたくさんの人と働きたいって人にもええよ!byUT採用担当

    ・・・oO( もう無視する )

    ●仕事に楽しみを求めない、割り切れる
    仕事に楽しみを求めず、割り切って黙々と作業ができる方にも工場勤務はおすすめです。

    ●ものづくりやメカニカルなものが好き
    工場での仕事はものづくりが基本です。何かを作ることが好きな方には向いている仕事です。

    まとめ

    MNC0902-07_02.jpg

    工場勤務はつまらないといったイメージを抱いている方も多いようです。それは間違いではありません。実際に退屈だと感じている方も多いようです。

    しかし、工場勤務のデメリットは他の職種にも当てはまる可能性があります。なので、自分に向いているのかをしっかり考えた上で、仕事を選ぶようにすべきでしょう。

    こんにちは、UTグループ採用担当です。

    突然何度も出てきてすみませんでした。ついガマンできず・・・。

    工場勤務の実態、に関連して少し私たちUTの紹介をさせてください。

    工場勤務だとなかなかキャリアアップが難しい、という記載がありました。たしかに、そうかもしれません。ですが、だからこそ私たちUTグループはキャリアアップのための仕組みづくりに力を入れてきました。たとえば以下のような仕組み・制度を持っています。

    • エンジニアへのステップアップができる自前の無料の研修制度
    • ステップアップ後の勤務先を斡旋するエンジニア専門の派遣会社
    • その仕事を極めたい!さらに安定して働きたい!という方のための、派遣先(大手メーカーなど)への転籍制度
    • マネージメントに携わりたい!という方のためのマネージャースクール
    • 工場勤務の経験を活かし、派遣社員を支える本社勤務もできるエントリー制度

    などなどです。
    私たちUTは「派遣社員だから安定しない・キャリアアップできない」という常識を覆したいと思っています。「はたらく力で、イキイキと」をスローガンに、派遣社員でも安心して働けてキャリアアップもできる、そんな世界をつくり、一人でも多くの方に笑顔でお仕事をしてほしいと願っています。

    そんな思いから上記のような様々な仕組みを設け、なかには工場勤務からスタートして役員になった社員も複数います(当社の役員の約半分は工場勤務経験者です)。

    また、当社の派遣社員の8割は未経験からのスタートです。また「チーム派遣」を基本スタイルとしているので、いきなり一人で現場に放り込まれるという心配もありません。ですから、未経験の方も安心です!

    気になった方はぜひお仕事検索から、もしくは面談応募からご応募ください!

    UTのお仕事を探したい!という方はこちら

    UTの安定安心のヒミツである「正社員採用」については下記をご覧ください!
    基本的に正社員採用ってほんと?

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

工場・製造業のお役立ちコンテンツTOPへ

特集から探す

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。

「Webで完結 スピード応募」とは?

UTエイムが独自に開発した、Web上でいますぐ行うことができる適性診断です。

■「Webで完結 スピード応募」を受けると?
  • ・24時間いますぐその場で受けられて
  • ・面談に行く前に合格可能性を確認できて
  • ・終了後にその場で面談予約も行える※
  • ※合格した方のみの機能です。

まだ「自分と合うかな?」と思っている方でも、ぜひお気軽に、まずは適性診断を受けてみてください!