記事サムネイル
工場・製造業のお役立ちコンテンツ

単純作業の仕事のメリットと楽しむ方法|おすすめの工場求人も紹介

お気に入りに追加

更新日:2019年07月19日

    MNC0905-02-01.jpg

    世の中にはさまざまな業種の仕事がありますが、工場での仕事と言って思い浮かべるのは単純作業ではないでしょうか。単純作業は同じ作業を延々と繰り返していく仕事のため、きつい仕事というイメージを持っている方もいると思います。
    しかし、単純作業という仕事ならではのメリットや面白さももちろんあります。今回は単純作業のメリット・デメリットについて、また楽しむための方法やおすすめの仕事について紹介していきます。

    単純作業のメリット

    MNC0905-02-02.jpg

    まず単純作業のメリットとして以下の3点が挙げられます。

    <単純作業のメリット>
    ・すぐに覚えられる
    ・集中して取り組める
    ・人見知りでも働きやすい

    単純作業ですので、言葉通り単純な作業だからこそ誰でもこなすことができる仕事です。同じことを繰り返すということは、同じことを集中して行うことができ、皆が集中しているからこそ無駄なコミュニケーションも必要ないので、人見知りでも働けるというメリットがあります。

    ここからはそのメリットについてそれぞれもう少し細かく紹介していきます。

    すぐに覚えられる

    単純作業のメリットとして、作業自体をすぐに覚えられるということが挙げられます。
    基本的に、仕事をする時は段取りや作業手順など覚えることが非常に多くあり、新たに覚えなければいけないことも日々あると思います。しかし、単純作業の場合は比較的、新たに覚えることはほとんどありません。
    自分に割り当てられた作業工程さえ覚えてしまえば、どんなに複雑な部材であっても、一人が一つずつ工程を覚えて、ライン作業で流していくことで一つの商品を完成させることができます。そのため、自分ひとりであれこれと悩む必要もなく、ただ割り当てられた工程を覚えるだけで済む仕事になっています。

    集中して取り組める

    単純作業は集中して作業に取り組むことができるメリットもあります。
    単純作業は、各作業員に割り当てられた仕事を延々と繰り返していき、数多くの商品が出来上がります。
    同じことを延々繰り返すため、一つのことに集中して取り組むことができると言えます。さまざまな工程がある仕事では、集中力が分散してしまい中々集中することができません。単純作業では集中して作業に取り組めるので、慣れてくると集中している分作業時間があっという間に過ぎていき、1日の作業が楽に感じられるようになるでしょう。

    人見知りでも働きやすい

    営業職や接客業の場合は、取引先やお客様とのコミュニケーションは必ずあると言えます。そのような仕事の場合は、コミュニケーション能力が必要になってきます。
    しかし、単純作業の場合は人見知りであっても働きやすく、作業中は皆が集中しているので、コミュニケーションを取る必要もありません。そのため、他人とのコミュニケーションを取ることが苦手な人でも、働いていて苦になることはないと言えるでしょう。
    しかし、挨拶や上司への報告などは必要なので、最低限のコミュニケーション能力は必要となります。

    単純作業のデメリット

    MNC0905-02-03.jpg

    ここまでは単純作業のメリットについて説明してきましたが、単純作業にはデメリットもあります。
    単純作業のデメリットとして以下の3点が挙げられます。

    <単純作業のデメリット>
    ・飽きる・眠くなる
    ・成長ややりがいを感じにくい
    ・人との関わりが少ない

    ここからはこの3つのデメリットについてそれぞれ詳しく紹介していきます。

    飽きる・眠くなる

    単純作業は飽きる・眠くなるといったデメリットがあります。
    単純作業は同じ作業を延々と繰り返していく仕事ですので、飽きやすい仕事になっていて、中には同じことを繰り返すことで眠くなってしまう人もいます。また、単純作業は手先だけでできる作業が多く、大きな動きがないことも飽きてしまう要因となっています。作業をしている間は、ずっと立ちっぱなしか座りっぱなしになってしまい、ライン作業だと、ベルトコンベアから流れてくる部品を眺めていることで、飽きたり眠くなったりすることもあります。

    成長ややりがいを感じにくい

    単純作業には成長ややりがいを感じにくいといったデメリットもあります。
    単純作業は同じ作業の繰り返しで、簡単に覚えられるといったメリットがある反面、毎日のように同じことの繰り返しでやりがいを見つけることが難しくなっていきます。
    また、商品が完成してエンドユーザーの喜ぶ顔を見ることもなく、淡々と作業を繰り返すだけで評価されることも少ないので成長を感じることも少ないと言えます。特に好奇心が強い人や向上心の高い人にとっては、自身の成長ややりがいを感じることができなければ、単純作業自体を嫌になってしまうこともあるでしょう。

    人との関わりが少ない

    単純作業には人との関わりが少ないというデメリットもあります。
    単純作業中は、ほとんど人と接することがないので、コミュニケーションを取ることが苦手な人は楽に感じますが、逆に人とのふれあいが好きな人にとっては、作業中にコミュニケーションを取ることができないことが苦痛に感じてしまうこともあると思います。単純作業をしていると、1日で作業前・休憩中・作業後以外で会話を全くしないケースも珍しくないので、黙々と同じことばかり繰り返す単純作業は、向いている人と向いていない人がはっきりと分かれてしまう仕事だと言えるでしょう。

    単純作業を楽しむ方法

    MNC0905-02-04.jpg

    単純作業を楽しむ方法として以下の3つが挙げられます。

    <単純作業を楽しむ方法>
    ・自分で作業ノルマを決める
    ・作業の意味を考える
    ・改善点を考えながら作業する

    単純作業と言っても自分で楽しむための方法を見つけることで、より効率的に作業ができるだけでなく、眠気防止や生産性を高めることにもつながります。
    ここからは、単純作業を楽しむための方法を詳しく解説していきます。

    自分で作業ノルマを決める

    単純作業を楽しむための方法として、作業のノルマを自分で決めてそのノルマに向かって作業していくといった方法があります。
    何も考えずに作業をしている時は、黙々と作業をしていてもすぐに飽きたり、眠くなったりすると思います。しかし、ここまでを何分で仕上げるなど自分でノルマを課して作業をしていくことで、ゲーム感覚で楽しく作業をしていくことができます。この方法で作業をしていくことは、楽しく作業ができるだけでなく、制限時間を設けることにより作業スピードを上げることにもつながると言えます。もし近くで働く仲間で競争をすることができるのであれば、勝負をしながら作業を進めていくのも一つの方法です。

    作業の意味を考える

    単純作業を楽しむための方法として、作業の意味を考える方法があります。
    自分が携わっている作業をしていくことで、どのような商品が出来上がるのか、自分が手を抜かずに作業をすることで世間にどのように役立っているのかなどを考えることで、よりクオリティーの高い製品を作るように意識することができます。
    また、そのためには何が求められているのかを考えることで、より作業の質を高めることができ、自分の作業の質が上がることでエンドユーザーにどのように役立っているのかを意識することができます。
    これらを意識することは製品を作るうえで大変重要なことで、単純作業だからとダラダラこなしているようでは、クオリティーの高い製品を作ることはできないと言えます。

    改善点を考えながら作業する

    単純作業を楽しむための方法として、作業の改善点を考える方法があります。
    単純作業は、基本的にマニュアルなどから指示されたことをこなしていくだけの作業ですが、実際に製作に携わることで改善した方がいい点などに気がつくこともあります。
    実際に作業をしていく中で「なぜこの手順で作業を行っているのか」、「なぜこの工程が必要なのか」など、手順や工程を意識しながら作業をしていくことで、同じ単純作業でも工程を早くするための効率化を発見でき、よりよい製品を作ることにもつながります。
    そうやって改善点や効率化を意識しながら作業することは、作業自体のやりがいにもつながり、普段の単調な作業に刺激を与えることができるでしょう。
     

    単純作業の仕事の正社員求人

    MNC0905-02-05.jpg

    求人募集を見た時に、今まで単純作業の募集内容には目を通したことがない人は、単純作業はアルバイトとしての仕事と思っているかもしれませんが、単純作業でも正社員として雇用している工場は多くあります。

    最初はアルバイトとしての採用になることもありますが、1~2年ほど実務をこなしていけば正社員として雇用してくれる工場も多くあります。それらの背景には、作業員の高齢化や単純作業がつらいというイメージから、求人を見て応募する人が少ないことにあります。
    また、転職でも作業を覚えやすく正社員として働くことができるのも特徴で、工場などの単純作業は正社員になりやすいのが特徴的です。

    単純作業の仕事の種類

    MNC0905-02-06.jpg

    ここまで単純作業と一括りで紹介していましたが、単純作業の中でもさまざまな種類があります。主な単純作業の種類は以下となります。

    <単純作業の主な種類>
    ・軽作業・物流・運搬
    ・検品・検査
    ・組立て・組付け・加工

    単純作業を大きく分けると上記のようになり、同じ工場内での勤務であっても幅広くあるため、自分に合った作業を選びやすくなっています。ここからはこれらの作業内容について紹介していきます。

    倉庫での軽作業

    物流倉庫などでは、通販で購入された商品などの仕分け・梱包・商品管理が主な仕事になってきます。物流倉庫では繁忙期と閑散期の差が大きく、特に年末年始や通販のセール時期などは繁忙期になり、いくら人がいても足りないぐらいに忙しくなります。軽作業の主な内容として以下が挙げられます。

    ・仕分け
    ・梱包
    ・商品管理

    仕分けでは、倉庫に商品が到着した時にはバラバラに並べられていますが、そのバラバラに並べられた商品を用途や種類ごとに分類していきます。運ばれる荷物が重いことが多いので、体力や力仕事に自信がない人には向いていない仕事になります。
    次に梱包は、各家庭や取引先など配送先へ商品を輸送する時に、商品に傷がつかないように専用の緩衝材などを使って包んでいく作業です。包み終わったら一定の場所に運ぶこともありますので、ある程度体力が必要となります。手先が器用であれば梱包にかかる時間を早めることができるようになります。
    商品管理は入荷された商品のチェックをするのが主な業務で、ただ数を数えるだけでなく、きちんと定められた場所にあるかなど、細かい点にも目を光らせなければいけません。商品管理は体力よりも几帳面さや正確性が求められる仕事になります。

    軽作業・物流・運搬の工場求人一覧はこちら

    検品・検査

    検品と検査と同じような言葉ではありますが、作業内容はチェックする内容がそれぞれで異なっています。
    まず検品とは、輸送された商品のチェックをする仕事で、商品の個数など注文した品がきちんと届けられたかをチェックします。当然配送元が検品するのが普通ではありますが、検品された品物の個数が間違っていることもよくあるため、検品によって配送されてから細かくチェックする必要があります。
    検品は荷物を運ぶこともあるため体力も必要ですが、なによりも正確性が求められるため、几帳面な性格の人が向いている作業になります。
    一方で検査とは、自社で製作した商品に問題がないかをチェックする仕事で、出荷前に商品を目視で確認していきます。目視で細かい部分をチェックしていくので、集中力が必要な仕事になります。
    また、検品・検査ともに最終確認をするうえで重要な役割で、このチェックを怠ってしまうと会社に損害を与えてしまう役割になっています。

    検品・検査の工場求人一覧はこちら

    組立て・組付け・加工

    工場の単純作業の中でも特に人気があるのが、組立て・組付け・加工の3つの作業になります。

    組立て作業は、ライン作業での組立てや、図面通りに部材を組立てて製品を完成させる作業で、大きなものでは飛行機や自動車があり、小さなものではプラスチック製品など私たちの生活に欠かせないものを組立てて完成させていきます。組立て作業の中には、電気機器組立て技能士・足場の組立て等作業主任者・鉄筋施工技能士などさまざまな資格が必要となる特殊な作業もあります。

    組付け作業では、組立てと似てはいますが組立てで作られた部品を本体に取り付けていく仕事です。自動車などの大きな部品の取り付けは機械が行いますが、細かい部材の取り付けなどは人の手で取り付けられていきます。組付け作業では、アーク溶接・ガス溶接など取り付けに必要なスキルを必要とすることがあります。

    加工作業では、自動車部品の加工・電子部品の加工・食品の加工など多彩なジャンルがあり、作業内容としては専用の機械に部材をセットして、機械で指定された形状に加工していきます。必要な資格として、電気工事士などを要する作業もありますが、基本的に資格がなくても作業をすることができます。

    組立て・組付け・加工の工場求人一覧はこちら

    女性におすすめの単純作業

    MNC0905-02-07.jpg

    工場勤務などは主に男性が働くイメージもありますが、女性でも働くことができる業務もたくさんあります。

    <女性におすすめの単純作業>
        ピッキング
        梱包
        検品

    上記の作業は女性にもおすすめの単純作業で、これらの仕事の共通点として、体力を必要としない作業で、中には座ったままでもできる作業もあります。また、工場での単純作業はシフト調整がしやすくなっているので、主婦など家庭を持つ女性でも働きやすい環境になっています。
    体力的にきついから女性には向いていないと言う人もいますが、決してそんなこともなく、女性だからこそ細かい作業やチェックができると、重宝される仕事はたくさんあります。

    女性が多数の工場求人一覧はこちら

    まとめ

    MNC0905-02-08.jpg

    単純作業は、コツコツと同じことを繰り返していくことで飽きやすくやりがいを感じにくいイメージを持たれています。ですが、どんな仕事でもやりがいを感じるためにできることはあります。単純作業もやり方次第では楽しんで作業をすることができますし、単純作業に向いている人もいます。工場での単純作業を検討している人は、自分なりのやりがいを見つけて楽しみながら作業ができそうかという観点で仕事選びをしてみてください。

     

     

     

     

     

     

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

工場・製造業のお役立ちコンテンツTOPへ

特集から探す

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。

「Webで完結 スピード応募」とは?

UTエイムが独自に開発した、Web上でいますぐ行うことができる適性診断です。

■「Webで完結 スピード応募」を受けると?
  • ・24時間いますぐその場で受けられて
  • ・面談に行く前に合格可能性を確認できて
  • ・終了後にその場で面談予約も行える※
  • ※合格した方のみの機能です。

まだ「自分と合うかな?」と思っている方でも、ぜひお気軽に、まずは適性診断を受けてみてください!