記事サムネイル
工場・製造業のお役立ちコンテンツ

工場の仕事内容がきついと言われる理由|向いている人・向いてない人の特徴

お気に入りに追加

更新日:2019年10月07日

    さまざまな仕事がある中で、工場の仕事はきついと言われています。これから工場での仕事に就こうと考えている人にとっては、そのような噂を聞いてしまうとこれからの仕事に意欲が湧いてこないことでしょう。
    どのような仕事でもきつい部分はありますが、向いている仕事であればきついと感じにくく、逆に向いていなければ他人が見るときつくなさそうな仕事であってもきついと感じてしまいます。
    今回の記事では、工場の仕事は本当にきついのか、工場で働く人の向き・不向きなどさまざまな角度から解説していきますので、工場での勤務を検討している人は是非参考にしてみてください。

    工場の仕事内容

    MNC0905-07-02.jpg

    工場とひとくくりでまとめていますが、工場にもたくさんの業種はあります。
    ライン作業・オペレーター・検査・ピッキングなど、業種によって作業内容も変わってきます。そのため、一概に工場勤務が向いていないと考えるのではなく、工場勤務の中でも向いている作業を見つけることはできます。まずは工場作業の大まかな内容について紹介していきます。

    ライン作業

    1つ目は、ライン作業になります。工場勤務と聞いて真っ先に頭に思い浮かぶのがこのライン作業かと思いますが、作業内容としては、ベルトコンベアなどから材料や製品が流れてきますので、自分の持ち場の加工を施していき、全員が作業を完成させることで1つの製品を作っていく仕事になります。
    流れる部品を組み立てるだけでなく、溶接や塗装のように特殊な技術を要するライン作業もあります。工場勤務を始めると最初に覚える工程で、工場勤務のほとんどの人が一度は経験したことがある作業になります。

    オペレーター

    2つ目は、工場内でのオペレーター作業です。オペレーター作業とは、機械を操作して作業を行なっていくことです。力仕事や同じことの繰り返しでないという点からも、工場内で人気のある仕事になっています。
    機械の使い方を理解することで、男性でも女性でも簡単に行うことができ、特に経験や資格を必要としない作業です。現在増えてきたAIを使った自動作業の中でも、オペレーターは自動化することができないため、AI化されても需要が無くならないと言われています。
    AIは指示を出すことで的確に作業をこなしてくれますが、オペレーターはその指示を出す側の人間ですので、逆に需要が増えるとも言われています。

    検査

    3つ目は、工場内で検査をする仕事です。検査とは、ライン作業などで出来上がった商品を文字通り検査する作業で、この検査をクリアした商品だけが製品として販売されます。
    検査とよく間違われるのが検品ですが、検品とは納品された商品の個数などをチェックする業務ですので、検査とは全く異なる作業になっています。
    検査の中にもいくつかの種類があり、目視検査・外観検査・モニターチェック・分析補助などがあります。
    目視検査とは、ライン作業中に異物や不良品が混ざっていないかを検査する仕事で、基本的には流れ作業の中、目だけで判断する作業になっています。外観検査は、商品の外観を見て不具合などがないかをチェックします。また、モニターチェックは、工場内にあるモニターをチェックして作業状況などを確認する作業になります。あまり聞きなれないのが分析補助ですが、分析補助はサポートとして分析をしていきながら、その分析結果をまとめる仕事になっています。
    このように商品を検査する役割の仕事ですので、注意力と集中力を必要とする仕事になっています。

    ピッキング

    4つ目は、ピッキングです。ピッキングとは別名品出しとも呼ばれ、工場から渡される資料を元に当てはまる商品を見つけて取ってくる作業です。
    ピッキングに最も必要なスキルは、【素早く・正確に・丁寧に】をこなす必要があり、作業スピードだけでなく正確性も問われる仕事内容になっています。
    また、ピッキングをする上で工場内の商品の配置や、業務内容をしっかりと把握しておく必要があります。
    また、ピッキングでは指定された商品を取り出しますが、指示される商品によっては重いものもありますので、力仕事になる場合もあります。

    工場の仕事がきついと言われる理由

    MNC0905-07-03.jpg

    工場の仕事はきついと言われますが、具体的に何故きついと言われるのでしょうか。
    ここまで紹介してきた作業内容であれば、そこまできつい内容ではないと思われるかもしれません。しかし、工場での仕事形態などによってきついと感じることもあります。ここからは、工場の仕事がきついと言われる理由について解説していきます。

    夜勤がある

    1つ目は、夜勤がある点です。
    多くの工場が24時間体制で稼働しているので、作業をする人も24時間工場にいなくてはいけません。そのため、工場での勤務は基本的に2交代か3交代制で作業をこなしていくことになります。
    日勤の作業であれば、一般的な仕事と同じように8時頃から夕方までの仕事になるので問題ありませんが、夜勤が組まれてしまうと昼夜逆転の生活になってしまうため、生活リズムの乱れや、体内時計が狂ってしまうことがあります。また、夜勤がある場合は睡眠不足になりやすく、食生活などによっては自律神経失調症や、がんなどのリスクとなる可能性があります。

    立ちっぱなしで体力を使う

    2つ目は、工場内の作業は基本的に立ちっぱなしでの作業になったり、重たい荷物を運んだりと体力的にきつい部分が多くある点です。
    作業中は集中しているので、そこまで気にはならないですが、休憩中や仕事終わりには足が疲れてしまうと感じます。
    慣れの部分もあるので、長く続けていけばきついと感じなくなることではありますが、仕事に就いて間もない頃などは、立っていることに苦痛を感じてしまうかもしれません。また、重い荷物を運ぶ作業になると、ある程度の体力がなければ難しくなり、さらにきついと感じてしまいます。

    単純作業を繰り返す

    3つ目は、工場内の作業は基本的に単純な作業が多く、退屈でつらいと感じてしまう点です。
    特にライン作業は、ずっと同じ作業を立ったままで繰り返していき、自分に割り当てられた作業をするだけで、特に製品を完成させたりするものではありません。
    ですので、ライン作業で数時間同じ作業ばかりしていると、体力的な疲れもありますが、精神的につらくなり、眠くなったりしてしまいます。特に夜勤での作業となると、普段は寝ている時間帯にずっと同じ作業を繰り返すことになるため、眠気に襲われて単純なミスをしてしまう可能性もあります。

    暑さや寒さなどがつらい

    4つ目は、工場内での作業環境がきついと感じてしまう点です。工場内は基本的に、夏場は暑く、冬場は寒い環境になっています。
    事務仕事のように冷暖房が完備されていれば快適ですが、工場は基本的に冷暖房などがなく、季節ごとにつらさが変わってきます。夏場は蒸し風呂のように暑く、冬場は冷蔵庫の中のように寒い環境になっていますので、長時間同じ作業ばかりで退屈な上に、環境もきついことが多いので工場の仕事はつらいと言われています。

    工場の仕事に向いている人

    MNC0905-07-04.jpg

    ここまで工場の仕事内容や、きついと言われる理由について紹介してきました。つらい話ばかり聞いていると、工場での勤務をしたくなくなるかもしれませんが、そんな工場での勤務にも向いている人はいます。ここでは、工場作業に向いている人はどのような人なのか紹介していきます。

    単純作業が苦にならない人

    工場の作業のつらさでも紹介しましたが、工場での作業は基本的に単純作業になっています。
    ほとんどの人が、単純作業はつらいと感じるかもしれませんが、中には単純作業をつらいと感じない人もいます。
    そのような人は、工場での作業に向いている人で、ライン作業などを苦にならず作業をすることができる人だと言えます。
    また、単純作業が苦にならない人は、単純作業の中でも面白みや効率性を考えながら作業しています。こういった人は、単純作業であっても最初と最後では作業スピードが違っていて、より効率的に仕事をこなすことができるようになります。

    仕事中のコミュニケーションを少なくしたい人

    工場での作業は、基本的にそれぞれに割り当てられた作業を黙々とこなしていきます。
    そのため、作業中は作業員同士の会話もほとんどなく、皆無言で作業をしています。そして、誰もがコミュニケーション能力が高いわけではなく、他人とのコミュニケーションは極力取りたくないという人もいます。
    そういった人には工場での作業は向いていて、工場の作業では誰ともコミュニケーションを取らなくても黙々と作業を進めることができます。また、普段であれば人とのコミュニケーションを取る人でも、仕事中は集中したいためコミュニケーションを取りたくないと考える人もいます。
    そういったコミュニケーションを取ることが苦手な人や、目の前の仕事に集中したいと考えている人は、工場での勤務に向いていると言えるでしょう。

    ものづくりが好きな人

    工場での勤務は製造業になりますので、ものづくりをするのが基本になってきます。ものづくりに興味がある人や、ものづくりが好きな人には向いている職種と言えます。
    また、オペレーターのように機械を触る仕事もあるため、機械を触ることが好きな人も工場での作業は向いています。そういった機械を触ることが好きな人であれば、単純作業であっても楽しみ方を見つけることがうまく、単純作業を苦もなく作業していくことができるでしょう。
    そして、工場内の作業というものは、同じ作業を延々繰り返すことになり、集中力も必要になりますので、集中力がある人も工場勤務に向いている人と言えます。

    工場の仕事に向いてない人

    MNC0905-07-05.jpg

    先ほどは、工場の仕事に向いている人の特徴を紹介しましたが、一方で工場の仕事に向いていない人もいます。ここではどのような人が、工場での作業に向いていないのか解説します。当てはまる場合は、工場での勤務はやめておいた方がいいかもしれません。

    ずっと同じ作業をするのが苦手な人

    工場での作業に向いている人でも紹介しましたが、工場での作業は単純作業を繰り返すことがほとんどです。
    そのため、単純作業をするのが辛い人や、立ちっぱなしでの作業をつらいと考える人には、工場での作業に向いていないと言えます。
    また、工場作業はマニュアル通りに行なっていくことが基本になるため、効率的に作業をしたいと、常に効率化を考える人にもつらい業種となります。特に工場で働いている人の多くは、変化を嫌う傾向にあり、毎日同じことを何事もなくこなしたいと考えていますので、変化を好むような人には向いていない業務と言えるでしょう。

    体力に自信がない人

    工場での勤務は交代制になっていることが多く、夜勤をすることもあります。睡眠不足になることも多く、肉体労働をしなければいけない場面も多くありますので、体力に自信がなければ工場での仕事には不向きだと言えるでしょう。
    ライン作業など単純作業の場合も、立ちっぱなしでの作業になるため、想像以上に体力を消耗してしまいます。工場での仕事は頭を使って仕事をするよりも、何も考えずにひたすら同じことを繰り返す作業になりますので、力よりも頭を使った仕事がしたい人にも向いていないと言えます。

    仕事でしっかり評価をされたい人

    一般的な仕事であれば、営業成績など目に見える評価基準があります。
    そこで評価されることをやりがいに仕事をしていきますが、工場での作業は基本的に評価されることはありません。何故なら工場での仕事は、マニュアル通りにこなしていくことですので、それ以上の成績を求められることはほとんどないと言えます。そのため、自分の仕事量や成績などについてしっかり評価をされたい人には、工場での勤務に向いていないと言えます。

    女性も工場の仕事をすることが可能

    MNC0905-07-06.jpg

    工場では男性が多く勤務しています。そのため工場勤務に女性は向いていないと考えたり、男性がするべき仕事だと考えたりする人も少なくありません。しかし、工場勤務は単純作業も多く、女性だからできないといったことはありません。女性の方でもコツコツと作業をすることが得意な場合は、向いている業種になっています。
    特に女性の場合は、事務仕事をする時などはきちんとメイクをするのがマナーと言われますが、工場勤務ではメイクをする必要性がないというメリットもあります。工場勤務をしている女性は、ノーメイクで仕事をしている方も多くいます。
    また、女性であることから体力仕事など、身体的につらい業務を任されることが少ないので、体力にそこまで自信がなくても続けることができます。
    ただし、ライン作業など立ちっぱなしでの作業は当然女性も同じなので、最低限の体力は必要となります。

    まとめ

    MNC0905-07-07.jpg

    工場勤務は夜勤があったり体力仕事があったりと、つらい部分も多くあります。しかし、どんな仕事であっても骨の折れる作業はありますし、きついと感じてしまう業務内容はあります。まずは今回ご紹介させて頂いた内容を参考に、工場の仕事がご自身に向いているか考えてみてください。向いている仕事であれば、特段つらいと感じることなく、前向きに取り組むことができ、工場の仕事においてスキルアップや待遇の向上をはかっていけるでしょう。

     

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

工場・製造業のお役立ちコンテンツTOPへ

特集から探す

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。

「Webで完結 スピード応募」とは?

UTエイムが独自に開発した、Web上でいますぐ行うことができる適性診断です。

■「Webで完結 スピード応募」を受けると?
  • ・24時間いますぐその場で受けられて
  • ・面談に行く前に合格可能性を確認できて
  • ・終了後にその場で面談予約も行える※
  • ※合格した方のみの機能です。

まだ「自分と合うかな?」と思っている方でも、ぜひお気軽に、まずは適性診断を受けてみてください!