記事サムネイル
工場・製造業のお役立ちコンテンツ

工場の仕事の種類と作業内容| 目的別におすすめの仕事を紹介

お気に入りに追加

更新日:2019年10月17日

    MNC0908-03-01.jpg

    工場で働きたいと思うものの、職種がたくさんあってどれを選べばいいのかよくわからないという人は多いでしょう。知っている人から見たら全然違う内容でも、よく知らない人にとっては似たものに見えて違いがわからないものです。
    そこで今回は、工場の主な仕事の種類と作業内容についてご紹介します。

    工場の主な仕事の種類と作業内容 

    MNC0908-03-02.jpg

    工場には様々な業務内容があり、業務の種類によって作業内容が大きく変わります。それぞれどのような仕事をするのかしっかりと把握することが必要です。自分に向いている種類を確認していきましょう。

    製造

    文字通り何かを製造する仕事です。実際の作業内容は製造の中でも大きく異なります。例えば食品工場は食品を洗浄、加工してからパックに詰めるといった作業をするのに対し、自動車工場では部品を組立てて自動車を作り上げていきます。
    製造に人員が割かれることが多いので募集も製造が多いです。その工場では具体的に何を製造しているのか注目することがポイントであると言えるでしょう。

    組立て・組付け・加工

    加工とは製品を組付けする前に、組付けがしやすくなるように部品を加工することです。組付けの前段階というイメージで構いません。組付けは実際に部品を取り付けていく作業のことです。
    組付けは機械でやっているところも多いですが、細かいところは機械でやることは難しいため、人が手作業でおこなっていることが多いです。
    自動車のように体力がいる工場では若い男性を中心に、軽い手作業で済むような工場では女性や年配の方が多く働いているという特徴があります。
    組立て・組付け・加工はライン作業のようになっている職場が多く、初心者でも説明をきちんと聞けば対応できるような作業であることが多いです。製造とともにものづくりが好きな人に向いている作業です。

    組立て・組付け・加工の工場求人一覧はこちら

    接合・塗装

    自動車工場などで多く見られる仕事です。接合とは部品と部品を組み合わせる作業のことで、塗装とは製品の表面に塗料などを塗る仕事のことです。
    言葉で言うと簡単そうに思えますが、どちらも経験や資格が重要な仕事で、誰でも気軽にできるということはありません。特に接合は溶接管理技術者や溶接技能者という資格があり、この資格を取ったり、学校などで訓練したりしてから職に就くことが多いです。
    未経験には難しい業務ですが、その分やりがいがあり、スキルがあれば重宝されるという特徴があります。

    検品・検査

    できあがった製品を検品・検査する仕事です。不良品がないか、異物混入がないか、仕上がりに間違いはないかなど細かくチェックします。
    細かく繊細な作業が求められるので、集中力がある人や細かい作業が好きという人に向いている業務だと言えます。作ることよりもできあがったものを視る方が得意という人は検品・検査の求人を探すのも良いでしょう。
    検品・検査を楽なものだと安易に考える人もいますが、チェックが漏れたり、検品にミスがあったりすると、お客様に不良品が渡ることになるため、とても責任重大です。工場の最後の砦となっていると思って仕事をすれば、非常にやりがいがある業務であると言えるでしょう。

    ピッキング

    ピッキングは工場や倉庫内にある製品を探してきて指定の場所まで運ぶ仕事です。実際に歩き回って製品を探すことが多いですが、ベルトコンベアの前に立って指定された製品をピッキングするというパターンもあります。
    ピッキングでは機械を操作して製品を探すことになりますが、操作は簡単ですし、未経験でも説明を受ければすぐにできるようになります。
    しかし、工場によっては重いものを運ぶ必要があり、一日中歩き回ることになるので、ある程度の体力を要します。また、数え間違いがあると業務に支障が出るので、注意して作業をする必要があります。

    運搬

    フォークリフトを用いて荷物を運搬する業務です。フォークリフトを扱ったことがない人は、自分にはできない、縁がない仕事だと思ってしまうことでしょう。
    しかし、実際には未経験からフォークリフトの運搬業務に就く人は多く、講習を受けるなどしてフォークリフトの操作ができるようになります。最短で2日で免許を取得することも可能です。
    運搬は、意外なことに未経験者がチャレンジしやすい業務です。また、一度フォークリフトの操作に慣れてしまえば、そのスキルを生かして長く活躍することができるというメリットもあります。

    目的から選ぶおすすめの仕事 

    MNC0908-03-03.jpg

    工場でどんな仕事をしようか迷ったときは、作業内容ではなく自分の目的から職場を決めるという方法もあります。目的で選ぶ工場の作業には以下のようなものがあります。

    <目的で選ぶ工場の作業>

    • 1人で作業に取り組みたい
    • チームワークを生かした作業がしたい
    • 何かを作る仕事がしたい
    • チェックや確認作業がしたい
    • 資格や免許が生かせる仕事がしたい

    ここでは、これらの項目について詳しく説明していきます。

    1人で作業に取り組みたい

    1人で作業に取り組みたいという人は、ピッキングや検品など、黙々と作業する業務がおすすめです。これらの業務はコミュニケーションを最低限で済ませることができ、後は個人に与えられた業務をひたすらこなすだけで済みます。
    ある程度自分のペースで仕事を進めることができるので、自分の力で確実に業務をこなしたいという人におすすめです。慣れてきたらスピードアップを図り、自分自身のスキルを磨くという楽しみもあります。

    チームワークを生かした作業がしたい

    チームワークを生かした作業がしたいという人は、組立てやライン作業がおすすめです。一見チームワークが関係なさそうにも見えますが、みんなで1つの製品を協力して作る必要があるので、チームワークがないと務まりません。
    何かあったときはすぐに連絡する必要がありますし、互いにフォローし合うこともあるでしょう。単純作業の中でチームワークを見出すことができるのは、組立て作業の魅力の1つです。

    何かを作る仕事がしたい

    ものづくりが好きだという人は、製造や組立てなど、目の前で製品ができあがる過程を見ることができる業務ができる職場を探すといいでしょう。
    最初はバラバラの部品に過ぎなかったものが、作業員みんなや自分の手で1つの製品へと形作られていくところを見ることができるのは、工場の特権であると言えます。仕事の中に楽しさを見出したい人は製造などで工作気分を味わうのはいかがでしょうか。

    チェックや確認作業がしたい

    自分で何かを作るのではなく、完成品を細かくチェックすることが大好きだという人は、検品・検査作業がおすすめです。同じ製品を延々とチェックすることになるので、集中力を切らさないことが大事です。
    検品作業が適当になると、不良品が出荷されるという事態になり、最悪全て回収という騒ぎになってしまいます。うっかりミスが許されないため、責任感を持って業務を行う必要があります。

    資格や免許が生かせる仕事をしたい

    資格や免許があると、できる業務が増えることに加え、給料や昇進などで恩恵を受けられるというメリットがあります。資格や免許を生かせる仕事をしたいという人は、フォークリフトや接合など、経験者が優遇されるものを選んでやるといいでしょう。
    求人サイトで検索するときは、自分が持っている資格や免許に関連しそうな求人を探すことがおすすめです。資格が必要な求人は未経験者が避けるため競争率が低く、希望通りの職場に就ける可能性が高いです。

    フォークリフト・クレーン作業の工場求人一覧はこちら
    接合・塗装の工場求人一覧はこちら

    まとめ

    MNC0908-03-04.jpg

    工場での業務は多岐に渡り、製造や組付け、接合・塗装、検品・検査、ピッキングなど多くの種類があります。工場の求人を探すときは、その職場がどの作業をすることを求めているのかチェックすることが大事です。
    また、自分の目的から考えて自分に適した仕事を探すという方法もあります。求人サイトで仕事を検索するときは、自分が重要視することが何なのかよく考えて、希望に合った職場を探すようにしましょう。

     

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

工場・製造業のお役立ちコンテンツTOPへ

特集から探す

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!!

ログイン

無料会員登録

ものコレとは

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。

「Webで完結 スピード応募」とは?

UTエイムが独自に開発した、Web上でいますぐ行うことができる適性診断です。

■「Webで完結 スピード応募」を受けると?
  • ・24時間いますぐその場で受けられて
  • ・面談に行く前に合格可能性を確認できて
  • ・終了後にその場で面談予約も行える※
  • ※合格した方のみの機能です。

まだ「自分と合うかな?」と思っている方でも、ぜひお気軽に、まずは適性診断を受けてみてください!