記事サムネイル
工場・製造業のお役立ちコンテンツ

金髪NGは古い!髪色自由の工場勤務ってほんとに多いの!?

お気に入りに追加

更新日:2019年10月23日

    MNC0909-02-01.jpg

    一昔前までは、工場勤務でも仕事をするのに金髪はNGになっていた企業がほとんどでしたが、現在では金髪や髪色自由な工場勤務もあります。
    そこでこの記事では、工場勤務をしていく上での髪色など身だしなみで気をつけるべきチェックポイントや、面接時のチェックポイントなどを紹介していきます。

    髪色自由なイメージがある工場勤務の実際は?

    MNC0909-02-02.jpg

    最近では髪色に寛容になってきていることもあり、工場勤務では髪色が自由というイメージを持っている人が多いかと思いますが、他の職種と比較して髪色を制限している工場は多くありません。
    ただ、工場によっては就業規則によって服装や髪色について明記している場合がありますので、その場合はいくら個人の自由とはいえ就業規則に従わなければいけません。
    金髪でも全然OK!という工場も実際にありますので面接時に確認しましょう。

    工場で働く際の髪色のチェックポイント

    MNC0909-02-03.jpg

    では、実際に工場勤務をしていく中で髪色についてどこにチェックポイントを置いておくのがいいのでしょうか。
    また、女性の場合であれば髪色だけでなくネイルをしている女性も少なくありません。他にもピアスなどの装飾品などを付けることが可能なのかなど、気になることが多数あります。
    工場などによっても考え方は違いますし、工程上NGにしている場合など様々ですが、基本的には法律で企業が髪色や服装などを制限することはできません。
    ですが、協調性や社会的なイメージなどからある程度の節度は必要になってきます。
    ここではそんな工場勤務での服装や髪色のチェックポイントについて詳しく解説していきます。

    髪色だけでなくネイルが自由な工場もある

    女性の場合、髪色だけでなくネイルを楽しんでいる人が多いですが、工場勤務でネイルは問題ないのでしょうか。
    実は工場勤務の中には、ネイルが自由な工場勤務もあります。ただし、食品系の工場勤務などでは衛生面からNGになっている場合が多くあります。
    このようにネイルをすることも個人の自由となっているので、特別禁止されていることはありませんが、工場で製作しているものの種類によっては不衛生と判断している場合があります。また部品を製造しているような工場であればネイルだけでなく化粧も大丈夫な工場勤務もあります。

    工場によっては派手髪・ピアスは自由!?

    基本的には個人の自由である派手な髪色やピアスは禁止されていない工場にもあります。
    通常、接客が必要な仕事であれば社員が働いているということで会社のイメージが損なわれてしまう可能性があるため、あまりにも派手な髪色やパーマなどは禁止されている場合が多くありまが、工場では髪色は派手であっても接客することがないため個人の自由であることが多いです。
    一方のピアスですが、ピアスの場合は作業中に落ちてしまい、不良品を出してしまう可能性もあるので、髪色よりも厳しく判断している工場もあります。ただし髪色と同様に自由であることが多いです。

    食品工場では髪型にも注意

    食品工場での服装は、一般的にフルフードタイプの帽子・マスク・上下長袖の作業着・安全靴といったフル装備での作業になります。
    これは、食品工場という性質上髪の毛1本でも落とすわけにはいかないからで、そのような食品工場であれば当然頭髪にも厳しくなっていますが、帽子の中に髪の毛を全て入れて作業をしますので、食品工場の場合は金髪や茶髪といった髪色に関しては、特に言及されることはほとんどありません。
    食品工場では、髪色には寛容ですが香水など食品に匂いがつくものなどにリスクがあるものに関しては徹底的に禁止されていることもあります。

    髪色は節度や協調性が重要

    これらのことからも、基本的に工場勤務では髪色に関してはそこまで厳しくありませんので、金髪のまま仕事をしたいのであれば工場勤務でも問題ありません。
    ただし、いくら金髪が大丈夫であったとしても、あまりにも派手な髪色や見た目だと、周囲から浮いてしまい協調性がないと判断されてしまいますので、面接時や勤務初日などはある程度節度を保った髪型や髪色にする必要があるかもしれません。
    工場勤務をしようと考えているのであれば、事前に何に対して禁止されているかについて面接時に聞いておく方がよいでしょう。

    応募から就業までの面談サポートを受けたい方はこちらから

    工場面接時の髪色と身だしなみ

    MNC0909-02-04.jpg

    工場勤務をする場合は、ほとんどが作業着を着用しての作業となりますが、面接時にはどのような身だしなみで臨むのがよいのでしょうか。
    工場に限らずどの企業でもいえることですが、基本的に面接時には清潔感のある身だしなみが最適といえます。男性と女性それぞれの場合で紹介します。

    ●男性の場合

    • 服装はスーツや清潔感のある服装
    • 髪型は派手な髪色にせず寝癖なども直して整えておく

    ●女性の場合

    • 服装は男性同様スーツや清潔感のある服装
    • 髪型は派手な髪色にはせずロングヘアの場合は後ろで束ねておく

    上記のように男性・女性問わず面接時には清潔感のある身だしなみで臨むのがよいでしょう。

    女性が多数の工場求人一覧はこちらから

    採用されやすい髪色

    面接時に気になるのが髪色ですが、当然面接官によって反応はマチマチで、黒髪しか認めない人もいれば金髪でも採用してくれる人もいます。
    ですが、絶対数で金髪でも採用してくれる人は少なく、ある程度の茶髪程度までが許容範囲内となっています。
    また、面接前には髪色は自由としている工場であっても、面接に金髪で行ってしまうと非常識と思われてしまうなどイメージダウンとなってしまい、面接に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。
    ですので、基本的には清潔感を保つために黒髪か、ナチュラルブラウンなど自然な感じの茶髪で臨む方が、イメージダウンにもなりませんし安心して面接に臨むことができるでしょう。

    面接時だけ髪色を隠す方法

    普段の生活では金髪にしている人であっても、面接時は髪色を隠して臨もうと考える人も多いはずです。
    では、どのような方法で面接時のみ髪色を隠せばよいのでしょうか。
    ベストな方法としては、黒髪やナチュラルブラウンに染め直してしまう方法です。
    わざわざ隠す必要もないので堂々と面接に臨むことができますし、無難な髪型にしてしまうことでどの企業への面接でも受けることができるようになります。
    どうしても染め直しをしたくないのであれば、スプレーなどを使って一時的に黒髪にしていく方法もありますが、この方法はバレるリスクがあるだけでなく、面接は黒髪だったのに採用された途端に金髪にしてきたと、思われる可能性もあるので注意が必要です。

    髪色自由な工場勤務に挑戦しよう!

    MNC0909-02-05.jpg

    今回は髪色が自由な工場勤務があるのかなどについて解説してきました。確かに髪色が自由な工場勤務も増えてきてはいますが、できれば面接前にそうした条件を知っておくことで有利に面接に臨むことができます。【ものコレ】では、条件を絞って検索することもできますので、工場勤務で髪色が気になるのであれば、ものコレを活用して髪色自由な工場勤務にぜひ挑戦してみてください。

    全国の工場・製造業の求人一覧はこちらから

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

工場・製造業のお役立ちコンテンツTOPへ

特集から探す

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。

「Webで完結 スピード応募」とは?

UTエイムが独自に開発した、Web上でいますぐ行うことができる適性診断です。

■「Webで完結 スピード応募」を受けると?
  • ・24時間いますぐその場で受けられて
  • ・面談に行く前に合格可能性を確認できて
  • ・終了後にその場で面談予約も行える※
  • ※合格した方のみの機能です。

まだ「自分と合うかな?」と思っている方でも、ぜひお気軽に、まずは適性診断を受けてみてください!