記事サムネイル
働き方のあれこれ

社員職歴なしの30代フリーターでも就職できる方法をご紹介!

お気に入りに追加

更新日:2020年04月02日

    202000402_30代フリーター_01.jpg

    現在大学を卒業してからも定職に就かずフリーターとして過ごしている人も少なくなく、そういった人は少なからず将来に不安があるかと思います。ですが、社員職歴がない30代のフリーターでも就職できる方法があります。この記事ではそんな社員職歴のない30代フリーターでも就職できる仕事について紹介していきたいと思います。

     

    30代フリーターの割合

    202000402_30代フリーター_02.jpg

    フリーターとは、時間を自由に使えるアルバイトを合わせてフリーターと呼んでいます。基本的には正社員として働いておらず将来に対して不安な生活をしている人になります。ピークでは2013年に220万人前後いたフリーターも、現在では150万人前後と2/3程度にまで減ってきていると言われています。ですが、その150万人のうち半数以上が30代以上の高齢フリーターと言われています。若ければ当然正社員として雇用される場合が多くなりますが、高齢になればなるほど定職に就きにくいという現状が見えてきます。

     

    フリーターを続けるデメリット

    202000402_30代フリーター_03.jpg

    フリーターは自由で動きやすいと考えている人もいるようですが、自由なだけでなく当然デメリットが多くあります。フリーターのデメリットは下記にまとめていますが、ここではそれらを詳しく解説していきたいと思います。

    〈フリーターを続けるデメリット〉

    • 体力が落ち20代のように働けなくなる
    • 世間体が悪い
    • 年金や保険の負担が重い
    • 不動産の賃貸契約が難しい
    • カードの審査が通らない

    体力が落ち20代のように働けなくなる

    人間は年を取ることで年々体力は落ちてきます。ですので、20代の頃はガムシャラに働いて多くの給料をもらうことも可能となっています。ですが、年を取ることで体力が落ちて仕事量が減ってしまうと当然給料も減ってしまいます。

    世間体が悪い

    フリーターは世間からのイメージが悪いと言えます。20代であれば何かと言い訳は通用するかもしれませんが、30代になってもフリーターで、さらに親と同居となってしまうと、親も世間体が悪くなり、肩身がせまい想いをさせてしまいます。

    年金や保険の負担が重い

    生きていく中で税金や保険など様々なものの支払いをしていかなければいけませんが、年齢を重ねていくと介護保険の支払いなど支払う金額が増えてきます。ですが、フリーターは昇級するケースが少なく支払いがキツくなってしまいます。

    カードの審査が通らない

    生活をしていく中でクレジットカードがあることで、便利なだけでなく大変な時に助かることがあります。ですが、クレジットカードは定職に就いていなければ審査に通ることがなく、フリーターではクレジットカードを作れないので、万が一の時に生活がしにくくなってしまいます。

    不動産の賃貸契約が難しい

    フリーターとして活動していく中で、賃貸住宅に住むことを検討することもあるかと思います。ですが、フリーターで年齢を重ねていくと賃貸契約を結ぶことが難しくなってしまいます。結果として賃貸住宅を借りることができずに実家に戻るケースも増えてきてしまいます。

     

    30代フリーターが就職活動で難航する理由

    202000402_30代フリーター_04.jpg

    先ほどまでのフリーターのデメリットを解説したところで、就職しようと考える人もいるかもしれませんが、実際に就職活動をしてみても30代まで社員職歴がなければ簡単に就職することは難しくなっています。採用する側としても若さや安心感を判断基準としていますが、30代でフリーターだと確かな理由がないのであれば、性格や気性などに問題があると判断されてしまいます。また、30代ともなると働ける年数も少なくなってしまいますので、減点材料となってしまいます。

    • 同じフリーターでも採用する側から見れば、若い20代のほうが魅力的だから
    • 同じ30代でも職歴があったほうが採用側からすれば安心感がある
    • なんでずっとアルバイトで生活をしてきたのか説明できなければ、何か問題があるかもしれないと雇うのを躊躇する

     

    職歴なしの30代フリーターが就職する方法!

    202000402_30代フリーター_05.jpg

    ここまでの解説では、30代でフリーターとなってしまうと就職が困難に感じてしまうかと思います。ですが、30代社員職歴なしであってもいくつかの方法で就職することは可能になっています。下記に挙げた方法が就職する方法になりますが、ここでは詳しく解説していきたいと思います。

    〈就職方法〉

    • ハローワークを利用する
    • 紹介予定派遣で入社する
    • 就職サイトで未経験可の募集に応募する
    • 入社サポートのある就職サイトを使用する
    • 女性は婚活でフリーター生活から脱却する手もある

    ハローワークを利用する

    ハローワークでは、自分の特性ややりたいし仕事から就職活動をすることができ、30代であれば比較的取り扱っている仕事も多くなっています。また、ハローワークでは職業訓練や資格取得に対する相談などにも乗ってくれますので、新たなスキルや資格を身につけることで仕事を選べる範囲を広げていくことが可能となっています。そして、45歳までフォローしてくれる「わかものハローワーク」というものもあるので、それらを活用することで就職しやすくなっています。ただし、自分の適性などははっきりと話せなければ、中々希望する仕事を見つけるのは難しいので自分のことを見つめ直す必要があります。

    紹介予定派遣で入社する

    紹介予定派遣とは、一定期間派遣として働くことでお互いを見極めることができ、両者が合意することで社員として働くことができる就職活動です。雇用形態は事前に企業側と相談して決めることができますが、努力して勤めなければ社員として契約してもらえないので、ある程度の覚悟を持って挑まなければいけません。

    就職サイトで「未経験可」の募集に応募する

    就職サイトでも多数の募集がありますので、その中で未経験からでも始めることができる仕事を探し、応募することで就職することができます。ただし、社員職歴がないのであれば、なぜ過去に社員として勤めていなかったのかなど明確に伝えることができなければ、社員として採用されるのは難しく、そういった応募は倍率も非常に高くなってしまっています。

    入社サポートのある就職サイトを使用する

    UTエイムのような転職エージェントを活用することで、就職活動をしていくための準備などから相談に乗ってくれますので、今までに社員として働いた経験がなくても安心して任せることができるサービスになっています。UTエイムでは、面談に始まり職場見学や赴任先近くの住居まで紹介してくれますので、万全の体制で就職することが可能になっています。

    知って安心!UTエイムの入社サポートはこちらから!

    女性は婚活でフリーター生活から脱却する手もある

    これは女性限定の方法ではありますが、結婚してしまうことでフリーターから脱却してしまう方法です。男性は女性がフリーターだからという理由で、結婚しないということはありませんので、特に正社員として働くつもりもないのであれば、婚活をして結婚してしまうことが、女性の場合は一番フリーター脱却の近道かもしれません。ただし、男性の場合はフリーターでは婚活は難しいので、女性限定の方法となってしまいます。

     

    職歴なしの30代フリーターの就職活動のポイント!

    202000402_30代フリーター_06.jpg

    先ほどは30代で社員職歴がない人が就職するための方法について紹介してきましたが、就職活動するためのポイントを下記に挙げておきました。ここでは、そんな就職活動のポイントについて詳しく解説していきたいと思います。

    〈就職活動のポイント〉

    • 人材が不足している業界・職種を狙う!
    • アルバイト経験の棚卸を行い経験としてまとめる
    • 雇用形態にこだわらずまずは就業経験を積む

    人材が不足している業界・職種を狙う!

    最初のポイントとして、就職しやすい企業に応募することが挙げられます。倍率が低ければ就職できる可能性も高くなり、特に人材が不足しているような業界や職種では、人材育成にも力を入れていますので、就職することでスキルや経験を積むことも可能となっています。

    アルバイト経験の棚卸を行い経験としてまとめる

    次のポイントは自分の特性を理解することです。フリーターとして様々なアルバイトなどで経験を積んできているのであれば、その経験を活かして就職活動することができます。ですので、まずは自分が経験してきたことをまとめて、いかに自分が希望する企業に活かすことができるのかを考えることで就職活動に活かすことができます。

    雇用形態にこだわらずまずは就業経験を積む

    最後のポイントは正社員にこだわらないことです。フリーターから脱却したいからと正社員にこだわっていると選択できる幅が狭まってしまいます。そこでまずは、契約社員などから始めて就業経験を積むことで、そこから正社員になることもできますので、雇用形態にこだわるのではなく、まずは働くことを大前提に考えておきましょう。

     

    30代フリーターに工場勤務をすすめる理由

    202000402_30代フリーター_07.jpg

    ここまでの解説でもまだどういった仕事がいいのか迷っているかもしれません。そこで、30代フリーターで社員職歴がない人におすすめしたい仕事が工場勤務です。工場勤務をおすすめする理由としては下記の理由がありますが、ここではより詳しく解説していきたいと思います。

    〈すすめる理由〉

    • 未経験歓迎・学歴不問な仕事が多い
    • 様々な境遇の人が多いのでコンプレックスを抱きにくい
    • 仕事に関わる資格取得への支援のある会社が多い
    • 寮付きが多く独り立ちがしやすい
    • 入社祝い金などがある会社もある
    • 男女ともに受け入れている
    • 福利厚生がしっかりしている会社が多い
    • 職種に幅があり選択肢が広い

    未経験歓迎・学歴不問が多い

    工場勤務では、募集をする際に未経験歓迎や学歴不問としている場合が多くあります。ですので、過去に職歴がないフリーターであっても比較的採用されやすい環境になっていて、未経験歓迎となっていることから、未経験者が多く在籍しているので新人の育成には慣れていることから、初めてでもやりやすい環境が揃っています。

    未経験OKの工場求人一覧はこちらから

    様々な境遇の人が多いのでコンプレックスを抱きにくい

    フリーターから就職すると職歴に対するコンプレックスを抱いている人が多くいますが、工場勤務では未経験歓迎や学歴不問にしている企業が多いことから、様々な経歴を持った人が在籍しています。ですので、自身がフリーターから就職したからといって、職歴や学歴に対してコンプレックスを抱くことなく働ける環境になっています。

    仕事に関わる資格取得への支援のある会社が多い

    工場勤務では、未経験でも活躍することができますが、資格を取得することでできる範囲も広がり、手当などに反映されるので収入を増やすことも可能になっています。そんな資格取得に対して、企業側が支援をしてくれる場合もあります。また、工場勤務をすることで経験を積んで資格を取得することもでき、働きながら自身のスキルアップをしていくことが可能となっています。

    寮付きが多く独り立ちがしやすい

    仕事を始めるにあたって職場近くに引越しをする必要がありますが、工場勤務の場合は田舎にあることも多いので、寮を完備している企業が多くあります。そのため、寮に入寮することで、独り立ちしやすくなります。さらに、住居を探す手間や通勤にかかる時間を減らすことができるだけでなく、家賃を削ることができるので貯金をしやすい環境になっています。

    寮費無料・補助の工場求人一覧はこちらから

    入社祝い金などがある会社もある

    工場勤務の中でも自動車製造工場などでは、入社祝い金やある程度の期間働くことで報酬を出してくれる企業があります。まとまった金額を報酬としてくれますので、貯金もしやすく生活を楽にすることが可能になっています。それらは、募集事項に明記されていますので、事前に調べた上で応募することで入社できれば、確実に受け取ることが可能になっています。

    入社祝い金付きの工場求人一覧はこちらから

    男女ともに受け入れている

    工場勤務と聞くと、力仕事で男性しか受け入れていないイメージを持っているかもしれませんが、化粧品や電子機器の工場など細かい作業を求めている会社では、男性よりも女性を募集している工場も多くあります。募集を探す際にも女性が多い職場で検索することもできますので、比較的簡単に見つけることができる項目になっています。

    女性が多数の工場求人一覧はこちらから

    福利厚生がしっかりしている会社が多い

    一般企業でもサービス残業などを強いられるブラック企業が問題になっていますが、大手企業の工場勤務などでは福利厚生もしっかりとしていて、中途半端な企業に入社するよりも高待遇で働くことが可能になっています。福利厚生がしっかりとしていることで、安定した生活を送ることができ、安心して働くことができる職場になっています。

    職種に幅があり選択肢が広い

    ここまでは工場勤務と一括りに説明してきましたが、工場勤務では工程ごとに作業が細かく細分化されています。組み立て・検品・オペレーターなど様々な職種があることから、一度経験してみて合わないと感じても他の職種に変更をお願いすることができるなど、職種に融通がきくので自分にあった職種を見つけやすい環境になっています。

    全国の工場求人一覧はこちらから

     

    まとめ

    202000402_30代フリーター_08.jpg

     

    この記事では、30代の社員職歴がない人でも就職することができること、その就職するための方法やポイントについて解説してきました。確かに今までに社員としての職歴がなければ不利に感じるかもしれません。ですが、工場勤務のように学歴不問や未経験歓迎のような企業も少なからずありますので、諦めるのではなく自分にあった仕事を見つけて就職活動をしてみてください。

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

働き方のあれこれTOPへ

特集から探す

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。

「Webで完結 スピード応募」とは?

UTエイムが独自に開発した、Web上でいますぐ行うことができる適性診断です。

■「Webで完結 スピード応募」を受けると?
  • ・24時間いますぐその場で受けられて
  • ・面談に行く前に合格可能性を確認できて
  • ・終了後にその場で面談予約も行える※
  • ※合格した方のみの機能です。

まだ「自分と合うかな?」と思っている方でも、ぜひお気軽に、まずは適性診断を受けてみてください!