記事サムネイル
ワークスタイル

どちらも派遣先で働くイメージだけど……「請負」と「派遣」の違いってなに?

お気に入りに追加

更新日:2017年04月27日
    「あー、お金ほしいなー」と思ったとき、気軽にお金を稼ぎやすいのが、工場や倉庫に行って軽作業をするなどの「派遣」の仕事。働きやすさを求めて、求人サイトで派遣の仕事を探すこともありますよね。

    そんなとき、派遣と同じように考えてしまいがちなのが、「請負(うけおい)」という働き方。「どちらも派遣先の場所で働くんじゃないの? 請負ってどういうこと……?」と思うかもしれませんが、この2つの働き方はまったく違うものなんです!

    請負と派遣の違い その1:仕事をする仲間が違う!

    まず、請負と派遣では、「仕事をする仲間」が違います。

    仮に、あなたが「A社」という請負や派遣を行っている会社に登録をしているとします。請負で働く際、あなたに仕事の指示を出すのは、A社の社員です。そして、一緒に働く同僚も、A社に所属している社員たち。請負の場合、このようにチームを組んで、協力して仕事をする機会が多いので、連帯感が生まれやすいといわれています。

    一方で派遣の場合、A社の役割はあなたに派遣先を紹介すること。そのため、実際に仕事の指示を出すのは、派遣先の社員です。また、派遣先にはA社以外の企業の社員(派遣先の社員や、ほかの派遣会社の社員)もいるので、その人たちと一緒に働くことになります。

    請負と派遣の違い その2:契約期間が違う!

    請負の場合は、契約期間が長期になることが多いようです。そうなると、給与は安定しやすくなりますし、一つの仕事に長く携われるので、経験やスキルを磨くことも可能になります。これは、うれしいメリットですよね。

    一方、派遣会社に登録した上で、派遣先が見つかった際に雇用契約を結ぶ「登録型派遣」の場合、契約期間の上限によって、働き方や働く期間はさまざまです。そのときどきで派遣先が変わることで、どうしても給与面が不安定になることもあるかもしれません。

    ただ、必ずしも派遣が不安定かというと、そうでもありません。2015年9月に「労働者派遣法」が改正され、派遣元・派遣先企業に対して、派遣労働者の雇用安定の支援などが義務付けられるようになりました。一昔前よりも、派遣労働者の待遇は改善されたといわれています。

    まとめ

    どちらも派遣先の場所で働くものの、実は働き方に大きな違いがある請負と派遣。それぞれのメリットを知れば、今後の就職や転職先探しの際にも役立つはず。自分に合った働き方を見つけて、毎日を充実させていきましょう!
     

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

ワークスタイルTOPへ

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

メールアドレス

パスワード

簡単登録!

会員になって
お役立ち情報をGETしよう!!

ログイン

無料会員登録

ものコレとは

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。