記事サムネイル
気になるあの資格

モノ作りの現場ではこれが役立つ! 資格図鑑 Vol.1半導体製品製造技能士 編

お気に入りに追加

更新日:2017年04月27日
    「あれば仕事で役立つ」と頭では分かっていても、なかなか手を出せないのが「資格」。勉強とか面倒くさそうだし、資格がなくても働けるし……と、諦めムードの人も多いかもしれません。

    でも、特に勉強しなくても今就いている仕事が資格取得に直結することもあります。例えば「半導体」作りに関わる資格、「半導体製品製造技能士」。今日はこの資格をご紹介します!

    そもそも「半導体」ってなんだっけ?

    「っていうか、半導体ってなに?」と頭を抱えてしまった人は、自分の身の回りにあるものを見渡してみましょう。携帯電話や家電製品、自動車など、私たちの身近にあるアレやコレに、半導体が使われています。この半導体は「電気を制御するスイッチ」のようなもので、例えばモーターを動かしたり、止めたりするときにスイッチとして役立ちます。

    「半導体製品製造技能士」は、半導体の工場で働く人なら受験できる!

    半導体製品製造技能士とは、半導体製品を作る技能を認定する国家資格のこと。

    半導体の電気の制御に必要となる、細かなIC(集積回路)チップの製造技術に始まり、組み立てたICチップの配置や、作業環境の管理に至るまで、半導体を製造する仕事を対象としています。

    ……と書くとなんだか難しそうに見えますが、もし半導体の工場などで働く人ならば資格取得はグッと身近なものになります!

    資格取得に必要な実務経験は?

    試験は、ICチップを作るために必要な土台を作る「集積回路チップ製造作業」と、半導体製品として組み立てる「集積回路組立て作業」に分けられます。それぞれ2級と1級があり、資格取得には級ごとに以下の経験が求められます。

    【2級】半導体の工場などでの2年の実務経験。
    【1級】7年の実務経験か、2級資格取得後2年以上の実務経験。

    さらにその上には「特級」という最難関の資格もあり、こちらは工程管理や原価管理、安全指導管理に加え、職員への作業指導なども試験内容に加わります。受験資格も、1級資格取得から5年以上の実務経験が求められます。

    企業が資格取得の費用を負担してくれることも!

    最近では、大手の製造業を中心に、現場で働くスタッフの資格取得に積極的に力を入れている企業も増えています。受験料は学科・実技合わせて2万円近くしますが、企業によっては、その費用を負担してくれる場合もあるようです。資格取得に興味が湧いた人は、ためらわず積極的にチャレンジしてみましょう!

    まとめ

    身近なところにも資格取得のチャンスはあります。すでに半導体の工場などで働いている人は、ぜひ半導体製品製造技能士の資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。資格取得によって仕事の幅が広がれば、あなたの評価アップ・給料アップも夢ではないかもしれません。日々の仕事の積み重ねが、きっとあなたの成長につながるはずですよ!
     

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

気になるあの資格TOPへ

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

メールアドレス

パスワード

簡単登録!

会員になって
お役立ち情報をGETしよう!!

ログイン

無料会員登録

ものコレとは

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。

「Webで完結 スピード応募」とは?

UTエイムが独自に開発した、Web上でいますぐ行うことができる適性診断です。

■「Webで完結 スピード応募」を受けると?
  • ・24時間いますぐその場で受けられて
  • ・面談に行く前に合格可能性を確認できて
  • ・終了後にその場で面談予約も行える※
  • ※合格した方のみの機能です。

まだ「自分と合うかな?」と思っている方でも、ぜひお気軽に、まずは適性診断を受けてみてください!