記事サムネイル
気になるあの資格

製造現場の管理職への昇格も狙える! 資格図鑑 Vol.2 〜品質管理検定 編〜

お気に入りに追加

更新日:2018年04月18日

    「資格があれば就職しやすい」「給料が上がりやすい」って聞くけれど、何の資格を取ればいいか分からない……。そんなあなたには、製造を「管理」する立場へのランクアップを狙える資格がおすすめかもしれません! 第2回目の「資格図鑑」では、製造現場で役立つ「品質管理検定(QC検定)」についてご紹介します。

    Interviewbanner.png

    製造を「管理」する立場に昇格できるチャンス! 年収への影響は?

    まず品質管理検定といっても、「そもそも『品質管理』って何?」と感じた人もいるでしょう。製造現場における品質管理とは、各製造メーカーが作り出す製品やサービスの質を保つための管理を指します。

     

    例えば車の部品を作る工場ならば、製品の加工・組立や検査・測定の精度のばらつきをなくすなどして、不良品の発生を防いでいきます。これらの検査や測定は製造ラインに配属された人々によって作業が進められていきますが、集団で生産を行う製造現場では、個々の作業や意識にばらつきがあっては高い品質を守ることができません。

     

    そこで求められるのが、組織として品質を「管理」する立場にあたる専門の部署で働く人々です。「品質管理部」や「品質保証部」といった品質管理においてリーダー的な役割を担う専門部署は、不良品を「出さない」環境を作るために、製造現場でともに働く人々の意識や能力の改善を目指していきます。

     

    このような品質管理に関する知識を身に付けるために役立てられているのが品質管理検定の資格です。ものづくりやサービスに関わる職種では、品質管理の専門部署など「管理職」への昇格条件として品質管理検定の取得が求められている場合が多く、製造現場で給料アップを目指している人はぜひチャレンジしたい検定制度です。

     

    実際に厚生労働省が平成29年に発表した統計を見てみると、製造業の賃金のピーク(男性)は「生産」労働者が約330万円であるのに対し、「管理」労働者が約510万円と、「管理職」という立場にランクアップすることは給料にも大きな影響があるようです。製造メーカーの品質管理系の職種の求人では品質管理検定の取得が条件となっている場合も多く、転職の幅を広げるためにも品質管理検定は大きく役立つ資格といえます。

     

    ※参照:平成 28 年賃金構造基本統計調査の概況
    http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2016/dl/13.pdf

     

    不良品の考え方から問題解決まで、検定を通して品質管理の知識が深まる

    品質管理という響きから、「自分には何だか難しそうだ……」と諦めることなかれ。実は入口は広く、検定を通して品質管理の知識を深められるチャンスがあります。

     

    筆記試験で評価される品質管理検定は、最初の入口となる4級では、「不良品についてどう考えるべきか」といった品質管理における基本的な知識を身に付けるところから始まります。4級はこれから製造現場で働く人や学生を対象としており、また通常受験料も3,080円(税込)となっているため、気軽に受験しやすいのが特徴です。

     

    C028_01.jpg
    引用元:MEマネジメントサービス
    http://www.mejapan.com/09_68.html

     

    3級以降は“QC七つ道具”と呼ばれるグラフやチェックシートなどを用いて品質管理を行い、自ら品質に関する問題を解決していく力が問われます。この七つの道具を使いこなすことで、製造過程で人為的に起きたミスの原因は何か、業務手順に抜け落ちが発生していないかといった注意点を確認したり、製品の不良やクレーム、故障などの件数や損失金額をまとめたりすることに役立てることができます。

     

    2級はさらに難易度が上がり、品質管理に携わる集団活動においてリーダー的な役割を持ち、QC七つ道具を使って品質に関する問題解決ができる人々が対象となります。また、1級/準1級では、品質管理や品質保証の部署などでリーダーとして周りを引っ張ることができる人々が対象となっており、より複雑な問題を解決できる力が求められます。

     

    まとめ

    品質管理検定の合格率は、4級は約90%、3級は約50~60%、2級は約20%前後、1級は約10%前後となっており、4級以降は難易度がぐっと上がります。しかし、品質管理系の人材募集では3級以上の資格所有者を歓迎している場合が多いため、自動車メーカーなどに正社員として就職・転職し、夢の「管理職」を狙いたいという方であればぜひチャレンジしたい検定です。

     

    製造現場を支えている、細やかな品質管理。「注意力」や「管理力」に自信がある人は、部品などの検査の仕事に役立つ品質管理検定をぜひ受験してみてはいかがでしょうか。仕事の幅もきっと広がるはずですよ!

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

気になるあの資格TOPへ

特集から探す

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!!

ログイン

無料会員登録

ものコレとは

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。

「Webで完結 スピード応募」とは?

UTエイムが独自に開発した、Web上でいますぐ行うことができる適性診断です。

■「Webで完結 スピード応募」を受けると?
  • ・24時間いますぐその場で受けられて
  • ・面談に行く前に合格可能性を確認できて
  • ・終了後にその場で面談予約も行える※
  • ※合格した方のみの機能です。

まだ「自分と合うかな?」と思っている方でも、ぜひお気軽に、まずは適性診断を受けてみてください!