• ものコレ
  • 仕事人
  • 職人の逸話
  • 100個の金メダルを支えた「車椅子のポルシェ」オーエックスエンジニアリングが目指す“未来のメダル”
記事サムネイル
職人の逸話

100個の金メダルを支えた「車椅子のポルシェ」オーエックスエンジニアリングが目指す“未来のメダル”

お気に入りに追加

更新日:2018年04月20日

    2016年に行われたリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックは、日本のメダルラッシュで盛り上がりました。
    2020年の東京五輪に向けても、パラリンピック日本代表選手を応援するdocomoのテレビCMが放送され、今後の活躍がますます期待されます。

     

    そんなパラリンピック出場選手たちが使う競技用の車椅子を作っているのが、千葉県に拠点を置く株式会社オーエックスエンジニアリング。最新技術を集結された競技用車椅子は最高時速50kmにも達し、「車椅子のポルシェ」と呼ばれるほどです。

     

    競技用の車椅子に対して同社の石井勝之社長が熱い「ものづくりのこだわり」を持つのは、実はある少年との出会いがきっかけでした。


    創業者である父親の事故がきっかけで始まった競技用車椅子の開発

    オーエックスエンジニアリングは元々、オートバイショップでした。しかし、創業者(石井さんの父親)が不慮の事故で車椅子生活となってしまいます。これをきっかけに、オーエックスエンジニアリングは車椅子を作り始めます。

     

    バイクショップで培ったカスタム技術を活かし、オーエックスエンジニアリングは他の車椅子メーカーに負けない操作性やデザインの良さを追求しました。そして、世界に知られる車椅子メーカーとなるために、パラリンピックでアスリートたちが使う競技用の車椅子を作ることがベストの戦略だと考えたのです。

     

    競技用の車椅子はオーダーメイド製品です。1mm単位の精度で選手の体にフィットさせるため、一人ひとりにあわせた「ものづくり」が必要になります。パラリンピック選手を社員として招き、彼らの意見を改善に活かすことでオーエックスエンジニアリングの競技用車椅子は評判を集めるようになります。

     

    同社の車椅子で競技したオリンピック選手には、車いすテニスの国枝慎吾選手(ロンドンパラリンピックで男子シングルス金メダル)や、車いす陸上競技の畑中和選手(アテネパラリンピックでマラソン金メダル)など、日本を代表する障害者アスリートたちばかり。100個以上の金メダルに貢献する競技用車椅子のトップメーカーになりました。

     

    CN010_01_0.jpg



    未来のアスリートたちへエールを!子供用の競技用車椅子を開発

    病気で亡くなった父親の跡を継ぎ、石井さんがオーエックスエンジニアリングの社長に就任したのは2013年。しかし、当時の石井さんは、トップメーカーとなった会社を将来どうすべきか、悩んでいたと語ってます。

     

    そんなとき、競技用車椅子の展示会にひとりの少年がやってきました。少年は競技用車椅子に乗ってみても元気がありません。石井社長は、気になってその姿を見ていました。

    すると少年は「ぼくの体に合う車椅子はないんだ」とつぶやいたのです。
    その言葉が石井社長の転機となりました。

     

    「子供たちが自由に動けるような、競技用の車椅子をつくろう!」
    石井社長は決意します。

     

    当時、子供用の競技用車椅子は体が大きくなると使えなくなってしまう上に、高額のため購入する人は多くありませんでした。メーカーとしては収益がのぞめないものです。しかし、少年の言葉を聞いた石井社長は、あえて子供用の競技用車椅子を作る決断をしたのです。

     

    そうして開発されたのが、子供用の競技用車椅子「WeeGO(ウィーゴー)」です。「さあ行こう!」と名付けられたその車椅子は、サイズを2種類に限定することでコストを抑え、従来より安価で購入することができるようになっています。

     

    ただし、サイズは小さくても性能は大人の競技用車椅子と同じ。WeeGoを使った子供たちが、将来はパラリンピックでメダルを獲得してくれるはずと、石井社長は確信しています。

     

    まとめ

    オーエックスエンジニアリングの競技用車椅子は、性能はもちろん、格好よさにもこだわりを持ち続けています。子供たちが障害を障害と感じずにスポーツを楽しめる、そんな車椅子を追求し続けているのです。

     

    千葉の町工場が生み出した「車椅子のポルシェ」は、今や世界中のスポーツ選手が使っています。石井社長の運命的な出会いによって誕生したWeeGoが、今後も未来のオリンピック選手たちを陰ながら支えてくれることでしょう。
     

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

職人の逸話TOPへ

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

メールアドレス

パスワード

簡単登録!

会員になって
お役立ち情報をGETしよう!!

ログイン

無料会員登録

ものコレとは

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。

「Webで完結 スピード応募」とは?

UTエイムが独自に開発した、Web上でいますぐ行うことができる適性診断です。

■「Webで完結 スピード応募」を受けると?
  • ・24時間いますぐその場で受けられて
  • ・面談に行く前に合格可能性を確認できて
  • ・終了後にその場で面談予約も行える※
  • ※合格した方のみの機能です。

まだ「自分と合うかな?」と思っている方でも、ぜひお気軽に、まずは適性診断を受けてみてください!