記事サムネイル
○○伝説

職人伝説 Vol.1:はんだ付け名人はラスベガスをめざす!

お気に入りに追加

更新日:2017年04月27日

    あいつ、今ごろなにやってんのかな? 仕事中にふと思い出したのは、普段は目立たないのに、中学の技術の授業でやたら「はんだ付け」がうまかったあいつのこと。どこで身に付けたのか、先生も舌を巻くスピードで、しかも正確にはんだ付けをこなす。もしかして今ごろ、カジノで有名なラスベガスで「はんだ付けの世界大会」に出てるかも!? 
     

    Interviewbanner.png

    予選の課題からハード過ぎ!? 40分間で約90個のはんだ付け!

    はんだ付けの世界大会とは、アメリカ・ラスベガスで開催されている「IPC Hand Soldering World Championship(IPCはんだ付け世界大会)」のこと。5回目の開催となった2016年大会では、日本をはじめ中国、インド、ドイツなど世界各国から集った「はんだ付けの達人」たちが60分の制限時間内で技を競いました。

    エントリーした選手たちはブースにつくと、用意されたピンセットとはんだごてを手に、緻密かつ繊細な手さばきで、次々とプリント基板に部品をはんだ付けしていきます。その出来映えをIPCが認定するマイスター・インストラクターがとっても厳しく評価します。

    2016年大会で見事優勝を果たしたのは、日本の「ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社」のベトナム工場の女性社員、Vu Thi Xuan選手。Vu選手はベトナム代表としてエントリーしていたため、残念ながら日本に栄冠をもたらすことはできませんでした。

    このはんだ付けの大会は、各地で行われる地区予選の方も盛り上がっています。日本予選には毎年30~40社が参加し、2015年は、制限時間40分間で、約90個の部品をはんだ付けするという、ハードな課題が出されたことも。競技中は、常に後ろで判定員が目を光らせているために、出場者からは「緊張した……」という声も挙がったそうです。

    0.4ミリの世界! どうすればはんだ付け名人になれるの? 

    電気・電子機器などのものづくりに不可欠な、はんだ付け。「適当に溶かして、固めるアレでしょ?」と甘く見ることなかれ、実は奥が深い職人技です。

    プロのはんだ付け職人は、顕微鏡をのぞきながら、ピンセットの先を使ったはんだ付けを行うこともあります。さらにトップクラスの職人となると、0.4ミリ(!)の半導体のはんだ付けを行うなど、気が遠くなるほど細か〜い作業が求めらるのです。

    では、はんだ付け名人になるにはどうすればいいのかというと、やはり実践して学ぶのが一番。例えば、「日本はんだ付け協会」が開催する「はんだ付け講習」では、はんだ付けの基礎知識だけでなく、実技講習や実技教材によるはんだ付け実習など、はんだ付けに必要な基礎知識と実技を学ぶことができます。

    さらにはんだ付けを極めることで、針金状のはんだを使って「アリ」や「トンボ」などのアート作品を作ることも。職人レベルのはんだ付けを身に付けることができれば、仕事だけでなく、趣味の幅も広がりそうです。

    まとめ

    はんだ付けに限らず、技能を競う大会は国内外を問わずたくさんあります。我こそは!という人は、自分の得意な技術に関する大会があるか調べてみるのもいいかもしれませんね。ギネスブックじゃないけれど、どんなものであれ世界一を目指すことは胸を熱くするはずです。
     

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

  • 記事サムネイル ○○伝説

    職人伝説 Vol.1:はんだ付け名人はラスベガスをめざす!

    あいつ、今ごろなにやってんのかな? 仕事中にふと思い出したのは、普段は目立たないのに、中学の技術の授業でやたら「はんだ付け」がうまかったあいつのこと。どこで身に付けたのか、先生も舌を巻くスピードで、し

    お気に入りに追加

○○伝説TOPへ

特集から探す

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!!

ログイン

無料会員登録

ものコレとは

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。

「Webで完結 スピード応募」とは?

UTエイムが独自に開発した、Web上でいますぐ行うことができる適性診断です。

■「Webで完結 スピード応募」を受けると?
  • ・24時間いますぐその場で受けられて
  • ・面談に行く前に合格可能性を確認できて
  • ・終了後にその場で面談予約も行える※
  • ※合格した方のみの機能です。

まだ「自分と合うかな?」と思っている方でも、ぜひお気軽に、まずは適性診断を受けてみてください!