記事サムネイル
○○伝説

職人伝説Vol3:コインを拾い上げてペットボトルに入れることも!? フォークリフト職人

お気に入りに追加

更新日:2018年04月24日

    工場などで大きな荷物を運ぶフォークリフト。あのフォークリフトで、一体どれだけ小さな物を持てると思いますか? ティッシュペーパーくらいの箱? ペットボトル? いやいや、そんなレベルじゃありません。熟練の人になると、なんと小さなコインさえも自在に扱えるのだとか。それを可能にするのが職人のスゴ技なんです!

     


    まるでコインを指先で扱うかのよう!「リフトマン」のスゴ技
    C038_01.jpg

    このフォークリフトを操作する職人は「リフトマン」と呼ばれ、工場や倉庫、飛行機の荷物を積み下ろしする空港など、至るところで働いています。

     

    大きな荷物を豪快にドカッと運んでいるので、一見するとリフトマンの運転は簡単なものに見えるかもしれません。しかし、毎日のようにフォークリフトを操る人たちは、上級者となればまるで自分の手のように細かな操作を行うことができます。

     

    それを証明するのが、インターネット上で話題になった「フォークリフトでコインを拾い上げてペットボトルに入れる」というスゴ技の動画。「えっ、どういうこと!?」と思うかもしれませんが、その一部始終を見てみましょう。

     

     

     

    C038_02.png
    ある外国人の男性がコインを手に持っています。大きなフォークリフトのイメージとはほど遠い、小さな小さなコインです。

     

    C038_03.png
    コインを地面に置く男性。これをどうするのかというと……。

     

    C038_04.png
    六畳一間ほどありそうな大型のフォークリフトが登場! これを操縦し、小さなコインを拾い上げるといいます。

     

    C038_05.png
    地面に落ちたコインにフォークの先端を近づけます。平坦なコインをどうやって拾い上げるというのでしょうか。

     

    C038_06.png
    フォークの先端をコインに擦り付けます。それだけでは拾えないのでは……。

     

    C038_07.png
    すると、まるで指先でコインをはじくかのように「ピンッ」とコインが跳ね上がりました!

     

    C038_08.png

    載っています! フォークの上に載っています!! コインは地面に落ちていたというのに、見事にフォークで拾い上げてしまいました。

     

    C038_09.png

    これだけでもスゴ技ですが、さらに拾い上げたコインをペットボトルの飲み口に近づけていきます。

     

    C038_10.png

    フォークを上下左右に細かく動かし、ペットボトルの飲み口に向けてコインをミリ単位で少しずつ近づけていきます。

     

    C038_11.png
    あともう少し……!飲み口はすぐそこです。

     

    C038_12.png
    そしてポトリと落ちるコイン。その先は……!!

     

    C038_13.png

    見事にペットボトルの中に入りました! なんということでしょう。コインの何百倍、いや何千倍もありそうなフォークリフトを使って、こんな繊細な操縦ができるとは……。

     

    まさに神業といえるフォークリフトのスゴ技。思わず手に汗を握るものがあります。普段は大きなものを運んでいるリフトマンですが、実はその裏にこれだけの細かな操作をできる技術があるのです。

     

     

    隙間を縫うように走行! 一流のリフトマンは走行テクも求められる!? 

    日本では、リフトマンがフォークリフトの操作技術を競う「全国フォークリフト運転競技大会」が毎年行われています。すでに30回以上の歴史を持ち、2017年の地方大会には600名以上が参加するほど。大会では、フォークリフトの知識をテストする「学科」、あらかじめフォークリフトに設定した不具合を見抜けるかチェックする「点検」、そして操作技術を試す「運転」が競われます。

     

    例えば地方大会では、こんな競技も行われます。

     

     

    運転の競技では、フォークリフト1台がギリギリ通れる狭い道幅のコースを走行し、制限時間内で荷物の積み卸しなどを行っていきます。まるで自動車教習所の縦列駐車のテストのようですが、その難易度は超ハイレベル。リフトマンたちは物を持ち上げるテクだけでなく、走行テクでも素早さや正確性などが求められるのです。

     

    ほかに航空関連の労働組合である「航空連合」でも、全国の空港で働くリフトマンの競技大会を開催しています。こちらでは、コースの途中でパレットという板を持ち上げ、その上に載せたペットボトルを落とさないように運ぶ……といった競技があり、物を持ち上げるテクと走行テクの両方が競われています。

     

    まとめ

    世の中にはさまざまな仕事がありますが、その仕事と毎日きちんと向き合えば、コインを拾い上げるリフトマンのように私たちの想像を超えるスキルを身に付けることができます。みなさんも今から何かの技術や手仕事を極めれば、世界があっと驚くスゴ技を生み出せるかもしれませんよ!
     

コメント

コメントを投稿する

簡単登録!

会員になってお役立ち情報をGETしよう!! ものコレとは

関連記事

○○伝説TOPへ

特集から探す

削除したコメントは元に戻せません。
コメントを削除しますか?

こちらの機能をご利用いただくには、
ログイン または 会員登録をしてください。

「Webで完結 スピード応募」とは?

UTエイムが独自に開発した、Web上でいますぐ行うことができる適性診断です。

■「Webで完結 スピード応募」を受けると?
  • ・24時間いますぐその場で受けられて
  • ・面談に行く前に合格可能性を確認できて
  • ・終了後にその場で面談予約も行える※
  • ※合格した方のみの機能です。

まだ「自分と合うかな?」と思っている方でも、ぜひお気軽に、まずは適性診断を受けてみてください!